ここから本文です。

更新日:2021年12月1日

ようこそ市長室へ

新型コロナウイルスに関するメッセージ

2021年11月15日:新型コロナウイルスワクチンの3回目接種・千葉市女性のためのつながりサポート

2021年11月4日:感染症対策の徹底と社会経済活動を元に戻していくために

2021年10月12日:9月定例市議会への追加提案:新型コロナ対策市内中小事業者向け支援金など

2021年10月6日:新型コロナワクチン集団接種新規予約受付、接種計画の改定/若年世代向けワクチン接種広報デザインを選定しました

2021年9月30日:第22回千葉市新型コロナウイルス感染症対策本部会議~緊急事態宣言の解除~

 

新型コロナウイルスに関するメッセージ一覧へ

市長からのメッセージ

mayor_kamiya

 

市制施行100周年の節目の年も師走を迎えました。コロナ禍の中で、経済活動や人とのつながりのあり方に大きな変化が生じています。オンライン・非接触のコミュニケーションが普及し、働き方の変化により自由な時間が増えるなどの一方、不安や孤独を感じ、心の不調をきたす方が増え、必要な支援をお届けする取り組みを進めています。


また、職住近接のライフスタイルを求める方が増えています。千葉市は、都市機能と自然の豊かさを兼ね備えた拠点都市として発展しました。昨年夏以降、東京都から千葉市への人口移動が転入超過に転じ、人の流れが変化しています。新たな生活様式の中で、職住近接が可能な千葉市の価値がますます高まっていると確信しています。現在、今後10年間の基本計画を策定中です。「みんなが輝く 都市と自然が織りなす・ちばし」を実現すべき姿の案として議論を重ねています。


新しい歴史も刻まれ、将来へ動き出しています。オリンピック・パラリンピックが幕張メッセで開催され、障害の有無にかかわらず活躍できる共生社会へ前進しました。京葉線新駅の名称が、地域名を冠した幕張豊砂駅と決定されたほか、国際基準の自転車競技が開催可能なTIPSTARDOME CHIBAが千葉公園内に民活事業で整備され、観ることに軸足を置いた250競走が始まりました。そして、動物公園ではチーターに6つ子が誕生し、私たちの気持ちを癒してくれました。


先人のご努力の積み重ねで高めてきた都市機能と自然の豊かさを受け継ぎ、不確かな時代だからこそ、持続可能な千葉市の未来を拓くために全力で取り組んでまいります。


2021年12月1日

千葉市長 神谷俊一

 

過去の市長からのメッセージ一覧へ

市長以外の幹部メッセージ一覧へ

 

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)