ここから本文です。

更新日:2020年7月9日

ようこそ市長室へ

新型コロナウイルスに関するメッセージ

2020年7月8日:対策本部会議を開催、市民への呼びかけも

2020年6月26日:高市総務大臣、岸田政調会長、公明党に対して特別定額給付金に関する要請活動

2020年6月11日:3月26日以来、新型コロナウイルスの入院患者がゼロに

2020年5月29日:千葉市の病床状況はステージ0に改善、再度の感染拡大に留意を

2020年5月26日:緊急事態宣言解除を受けて県の対応、市施設の再開について

2020年5月23日:5月22日の感染者発表はゼロ。県の方針と市の対応などについて

新型コロナウイルスに関するメッセージ一覧へ

市長からのメッセージ

ホームページ市長写真

特別定額給付金について

特別定額給付金について、皆さまにはお待たせして大変申し訳ありません。
今回の特別定額給付金の仕組みは、世帯数の多い大都市であるほどシステムの準備などに時間がかかるため、首都圏の政令市や東京23区は、ほぼ同じスケジュールとなっていますが、どの自治体も「なぜうちはこんなに遅いんだ」と職員が責められました。
手書きの申請書により、受付を開始した自治体がマスメディアで話題になり、「千葉市もあの手法を取ればいいじゃないか」とも言われましたが、手書きの申請書は記入ミスが多く事務が混乱し、かえって全世帯に郵送する申請書の発送や給付処理全体が遅れるリスクがあり、採用しませんでした。また、オンライン申請では、数多くの申請不備が生じ、給付までに時間がかかる問題もありました。国には指定都市市長会を通して、仕組み自体を見直すよう提言していきます。
千葉市ではこの間、県の休業要請の対象となった事業者や飲食店の家賃を1月あたり最大50万円支援する制度、苦境にある宿泊業や飲食店の工夫を支援する制度など、市独自の支援策を展開してきました。また、県内で先駆けてドライブスルー方式PCR検査の実施、病床確保、医療機関·福祉施設へのマスクの配布などに努めてきました。
再度の感染拡大を見据え、さらに備えを万全にしていくとともに、市民の皆さまの生活支援や市内経済の立て直しに取り組んでまいります。

2020年7月1日

 

市長からのメッセージ一覧へ

市長以外の幹部メッセージ一覧へ

 

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)