• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年2月6日

ようこそ市長室へ

市長室用市長写真

パートナーシップ宣誓制度が始まりました

千葉市ではすべての市民が個人として尊重される社会をめざし、パートナーシップの宣誓を公的に証明する制度を1月に開始しました。LGBTなど性的少数者の方に限らず、事実婚の方などを含め広く利用できる全国初の制度となります。
性のあり方はさまざまであり、民間の調査では、LGBTの方は日本の人口の7.6%と言われています。日本は、歴史的に織田信長や武田信玄の例のように多様な性のあり方を受け入れる風土がありましたが、明治維新後の西洋文化の流入に伴いキリスト教的価値観が広まり、民族的な寛容さが変質してきた経緯があります。
LGBTの方は、住宅を借りる際に大家の理解が得られない、パートナーが重い病気で入院した時に家族でないとして面会が許されないなど、生きていく上でさまざまな困難に直面しています。市として多様なパートナーシップのあり方を認めることで、民間での理解にも繋げていきたいと考えています。
人の価値観というのは時代とともに変遷していきます。かつては左利きも障害と位置付けられ、左利きの私は、「しつけが十分でない家庭で育てられたのですか」と言われたことがあります。
私たちは誰もが何らかの部分で少数者です。どんな立場や境遇の人でも不利益を被らずに暮らしていける社会を作ることはすべての方々にとって意義があり、社会の活力に繋がりますので、本制度にご理解いただきますようお願いいたします。

平成31年2月1日

千葉市長 熊谷俊人


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)