• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

ようこそ市長室へ

市長室用市長写真

教育環境の整備を推進します

このたびの台風21号並びに北海道胆振東部地震により、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の方々にお悔やみ申し上げます。
また、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

今年の夏は梅雨明けも早く、大変な猛暑で、体調を崩された方も少なくなかったのではないでしょうか。学校においても暑い中で授業をすることとなり、子どもたちや教職員にとって厳しい環境でした。
多くの市民の皆様や市議会各会派からもご要望をいただき、本市では市立小中学校の普通教室のエアコンを2020年度の設置完了を目指し整備することとしました。市内には小中学校が166校あり、普通教室は約2,400室もあるため、設置工事は複数年を要します。また、全普通教室にエアコンを整備する費用は約66億円、電気代とメンテナンス費用で年間約2億円が必要と現時点で試算しています。
私たちはこれまで、学校施設の耐震補強工事に集中的に予算を投入し、耐震化率100%を達成した後は、外壁が落下するなど経年劣化した校舎や体育館の老朽化対策、トイレの洋式化・改修、音楽室や特別支援学級へのエアコン整備を順次進めてきました。
それに加えてのエアコン整備になりますので、既存事業の見直し等による財源の確保、工事業者の確保、発注方法の検討を行い、費用面や工期等が最適となる手法を選択していきます。
一方で、子どもたちは一日中教室の中に居るわけではなく、エアコン整備によって全てが解決するわけではありません。部活動や校外活動、登下校等においても暑さに配慮した取り組みをこれまで以上に実施し、今の気象状況に合った教育環境を整えていきたいと思います。

平成30年10月1日

千葉市長 熊谷俊人


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総務局市長公室秘書課

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5011

ファックス:043-245-5529

hisho.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)