ホーム > くらし・地域・手続 > ごみ・リサイクル > ごみ > ごみ減量 > 焼却ごみ削減 > 木の枝・刈り草・葉の資源収集モデル事業

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

剪定枝等の資源収集モデル事業

 

剪定するへらそうくん

市では、平成29年3月末に北谷津清掃工場を停止し、3用地2清掃工場運用体制へ移行後の安定的なごみ処理体制を構築するため、新たなごみ減量・リサイクルの施策として、家庭から出る木の枝、刈り草、葉を資源収集する事業の検討(剪定枝等の資源収集モデル事業)を行いました。

平成27年度は市内2地区、平成28年度は中央区全域でモデル事業を行い、平成29年度中に全市域で段階的に再資源化事業を開始します。
平成29年度の事業内容についてはこちらのページをご覧ください。

平成29年度

モデル事業は平成29年3月で終了しました。
平成29年度以降の事業内容については、「剪定枝等(木の枝・刈り草・葉)の再資源化事業」のページをご覧ください。

平成28年度(平成28年5月~平成29年3月)

目的

平成28年5月から平成29年3月まで、中央区を対象に、家庭から出る木の枝、刈り草、葉の資源収集を行い、収集回数(月1回または月2回)や住宅形態(戸建住宅、集合住宅、農地山林を含む住宅など)による収集量への影響などのデータの分析や検証を行いました。

モデル地区

中央区全域

期間

平成28年5月~平成29年3月

出し方

月1回または月2回、朝8時までにごみステーションに排出

木の枝

※資源収集日のみ下記の長さ、太さで出せます

1本の太さ20cm、長さ100cm以内に切り、ひもで束ねる

木の枝イラスト

刈り草・葉

透明袋・旧指定袋に入れて排出

刈り草・葉イラスト

資源収集日

※祝日も収集しました。

※収集日の数え方:例えば、第2水曜日の場合、その月の2回目の水曜日を指します。

月1回地区

収集日 初回収集日 町名

第1木曜日

5月5日 道場北、道場北町、道場南
第1土曜日 5月7日 今井町、塩田町、蘇我町、蘇我、大巌寺町、宮崎、若草
第2月曜日 5月9日 旭町、院内、要町、亀井町、亀岡町、栄町、新千葉、新田町、新町、鶴沢町、東本町、富士見、本千葉町、本町
第2金曜日 5月13日 末広、登戸、松波
第3木曜日 5月19日 祐光
第3土曜日 5月21日 千葉寺町、都町
第4月曜日 5月23日 新宿、神明町、千葉港、中央港、出洲港、問屋町
第4金曜日 5月27日 星久喜町、矢作町

月2回地区

収集日

初回収集日

町名

第1・3月曜日

5月2日 川戸町、松ケ丘町、宮崎町
第1・3火曜日 5月3日 今井、稲荷町
第1・3水曜日 5月4日 弁天
第1・3木曜日 5月5日 生実町、浜野町、南生実町、村田町
第1・3金曜日 5月6日 市場町、大森町、中央
第2・4火曜日 5月10日 仁戸名町
第2・4水曜日 5月11日 青葉町、赤井町、鵜の森町、白旗、長洲、花輪町、港町、南町
第2・4木曜日 5月12日 春日、汐見丘町
第2・4土曜日 5月14日 亥鼻、葛城、寒川町、椿森、東千葉

 収集量

【単位:㎏】

  月1回地区 月2回地区 合計
5月

30,070

61,730

91,800

6月

22,700

65,700

88,400

7月

28,820

85,500

114,320

8月

35,810

95,520

131,330

9月

32,100

90,270

122,370

10月

41,430

124,730

166,160

11月

38,760

92,200

130,960

12月

36,870

96,550

133,420

1月

 13,250

 29,730

 42,980

2月

 10,240

 32,490

 42,730

3月

 10,540

30,610

41,150

合計

300,590

  805,030

 1,105,620

 モデル事業の主な感想や意見

  • 木の枝は、可燃ごみ収集日よりも長く、太いものが出せるので便利である。
  • 再資源化は有意義であり、資源収集を継続してほしい。
  • 木の枝などを長く自宅に保管することは困難であるため、月1回の収集では少ない。

ページの先頭へ戻る

平成27年度(平成27年5月~平成28年3月)

目的

平成27年5月から平成28年3月まで、市内2地区を対象に、家庭から出る木の枝、刈り草、葉の資源収集を行い、効果的な収集運搬や月別収集量等の効果の検証、住民のみなさまへのアンケート等による課題の抽出等を行いました。

モデル地区・収集日(月1回)

地区

南生実町内会(中央区)

み春野自治会(花見川区)

収集日

第一木曜日 第二水曜日

剪定枝等循環システムモデル事業ごみステーション写真

リサイクル

剪定枝リサイクル方法(燃料チップ・敷料)

収集量

【単位:Kg】

  平成27年度
5月

2,970

6月

2,490

7月

2,385

8月

1,585

9月

2,060

10月

2,610

11月

1,530

12月

2,070

1月

680

2月

1,660

3月

1,900

合計

21,940

モデル事業の主な感想や意見

(モデル地区住民へのアンケートより)

  • 燃料チップなどに再資源化できるので、有意義だと思う。
  • 排出数の制限がないので、便利だと思う。
  • 木の枝は、可燃ごみ収集日よりも太く、長いものが出せるので、便利だと思う。
  • ぜひ本格的に事業化してほしい。
  • 収集回数を月2回にしてほしい。

ページの先頭へ戻る

 

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5236

ファックス:043-245-5624

haikibutsutaisaku.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)