ここから本文です。

更新日:2017年1月12日

剪定枝等の資源収集モデル事業

 

剪定するへらそうくん

市では、平成29年3月末に北谷津清掃工場を停止し、3用地2清掃工場運用体制へ移行後の安定的なごみ処理体制を構築するために、新たなごみ減量・リサイクルの施策として、家庭から出る木の枝、刈り草、葉を資源収集する事業の実施を検討しています。

平成27年度は市内2地区、平成28年度は中央区全域でモデル事業を行います。

平成28年度(平成28年5月~平成29年3月)

モデル事業実施のお知らせ(チラシ)

 一部の可燃ごみ収集日における木の枝・刈り草・葉の取り残し実施について

平成28年7月18日(月)から、木の枝・刈り草・葉の資源収集日の直前の可燃ごみ収集日に出された木の枝などは収集せずに取り残します。
取り残した木の枝などは資源収集日に収集します。

目的

平成28年5月から平成29年3月まで、中央区を対象に、家庭から出る木の枝、刈り草、葉の資源収集を行い、収集回数(月1回または月2回)や住宅形態(戸建住宅、集合住宅、農地山林を含む住宅など)による収集量への影響などのデータの分析や検証を行います。

中央区でのモデル事業の検証結果により、今後、千葉市全体の事業の実施方法を決めていきます。

モデル地区

中央区全域

期間

平成28年5月~平成29年3月

出し方

月1回または月2回、朝8時までにごみステーションにお出しください。

※資源収集日や収集回数は、地区により異なります。

木の枝

※資源収集日のみ下記の長さ、太さで出せます

1本の太さ20cm、長さ100cm以内に切り、ひもで束ねる

木の枝イラスト

刈り草・葉

透明袋・旧指定袋に入れて排出

刈り草・葉イラスト

ご注意ください

  • 資源収集日は、排出数の制限はありませんので、何束、何袋でも排出できます。
  • 可燃ごみ・不燃ごみなどの収集回数や収集曜日、出し方に変更はありません。
  • 金属類・プラスチック類・紙類・土は排出できません。
  • 刈り草の根についた土は、できるだけ払ってください。
  • 芝生の根は土が多くついており、処理機の故障につながる恐れがあるため、排出できません。
  • 簾や板などの木製品は排出できません。 

資源収集日

祝日収集を実施します。

※収集日の数え方:例えば、第2水曜日の場合、その月の2回目の水曜日を指します。

月1回地区

収集日 初回収集日 町名

第1木曜日

5月5日 道場北、道場北町、道場南
第1土曜日 5月7日 今井町、塩田町、蘇我町、蘇我、大巌寺町、宮崎、若草
第2月曜日 5月9日 旭町、院内、要町、亀井町、亀岡町、栄町、新千葉、新田町、新町、鶴沢町、東本町、富士見、本千葉町、本町
第2金曜日 5月13日 末広、登戸、松波
第3木曜日 5月19日 祐光
第3土曜日 5月21日 千葉寺町、都町
第4月曜日 5月23日 新宿、神明町、千葉港、中央港、出洲港、問屋町
第4金曜日 5月27日 星久喜町、矢作町

月2回地区

収集日

初回収集日

町名

第1・3月曜日

5月2日 川戸町、松ケ丘町、宮崎町
第1・3火曜日 5月3日 今井、稲荷町
第1・3水曜日 5月4日 弁天
第1・3木曜日 5月5日 生実町、浜野町、南生実町、村田町
第1・3金曜日 5月6日 市場町、大森町、中央
第2・4火曜日 5月10日 仁戸名町
第2・4水曜日 5月11日 青葉町、赤井町、鵜の森町、白旗、長洲、花輪町、港町、南町
第2・4木曜日 5月12日 春日、汐見丘町
第2・4土曜日 5月14日 亥鼻、葛城、寒川町、椿森、東千葉

モデル事業Q&A

出せない種類の草木はあるの?

芝生の根は排出できません。それ以外の家庭から出た草木であれば、竹、キョウチクトウ(毒性のあるもの)、観賞用の花なども収集対象となります。

可燃ごみ収集日の出し方とどこが違うの?

可燃ごみ収集日の場合、木の枝は、1本の太さ10cm、長さ50cm以内ですが、資源収集日の場合、1本の太さ20cm、長さ100cm以内となります。また、可燃ごみ収集日の場合、1回につき3束、3袋程度までとしていますが、資源収集日の場合、排出制限はありません。

業者に木の枝の剪定や草刈りを依頼した場合でも収集するの?

収集しません。収集対象は、戸建住宅、集合住宅(マンションなど)ともに、住民が自ら剪定した木の枝や刈り草です。なお、マンションなどでは、木の枝などの発生量が少ない為、今後、千葉市全体での事業の実施に向けて、収集方法を検討する予定です。

なぜ収集回数は月1回と月2回の地区があるの?

収集回数による収集量の違いなどを調査し、千葉市全体で事業を実施する場合の収集量の推計や収集回数の検討を行うため、地区により収集回数が異なります。月1回と月2回の地区分けは、各収集日における収集量のバランスなどを考慮して決めました。

資源収集日はどのように決めたの?

月2回の不燃ごみ・有害ごみ収集日と同じ曜日で、収集を行わない週に設定しました。例えば、不燃ごみ・有害ごみの収集日が第1・3月曜日の場合は、第2・4月曜日(月1回地区の場合はそのうちいずれか)が資源収集日となります。

どのようにリサイクルするの?

収集した木の枝などは民間処理施設で細かく砕き、燃料チップ(発電やボイラーに使用)や敷料(家畜の寝床に敷く)または堆肥にリサイクルされ、有効活用されます。

 収集量

【単位:㎏】

  月1回地区 月2回地区 合計
5月

30,070

61,730

91,800

6月

22,700

65,700

88,400

7月

28,820

85,500

114,320

8月

35,810

95,520

131,330

9月

32,100

90,270

122,370

10月

41,430

124,730

166,160

11月

38,760

92,200

130,960

12月

36,670

90,460

127,130

1月      
2月      
3月      
合計

266,360

706,110

972,470

市民説明会の開催

中央区にお住いの町内自治会やマンション管理組合などの団体を対象に、市民説明会を開催します。

開催期間

平成28年3月26日(土曜日)~平成28年4月24日(日曜日)の期間でご希望される日時
  • 平日、休日、昼間、夜間を問いません。
  • 説明と質疑応答時間を含めて、1時間程度を予定しております。
  • 他の団体等と重複した場合、調整させていただく場合があります。
  • ご都合がつかない場合は、上記開催期間以外でも開催できます。

開催場所

会場は、お申込みいただく団体等でご用意ください。

申込方法

ご希望の方は、下記の申込用紙に希望日時、開催場所、参加予定人数、連絡先等をご記入の上、FAX・郵送・メールで「廃棄物対策課ごみ削減推進班」宛てにお申し込みください。

その他

  • 参加人数の制限はありません。
  • 開催日時は、調整の上、申し込み後1週間以内にご連絡いたします。
  • サークルなど各種団体やグループの方もお申込みいただけます。

その他の周知

チラシの全戸配布

平成28年4月中旬から下旬にかけて、チラシを中央区にお住いのすべてのご家庭に配布しました。

ごみステーション看板

平成28年4月から、ごみステーションの管理者(町内自治会・マンション管理組合等)に対し、ごみステーション看板(PDF:205KB)(別ウインドウで開く)の配布を行っています。

ごみステーション看板の掲示にご協力いただける団体は、下記の申込用紙に送付先、必要枚数、連絡先等をご記入の上、FAX・郵送・メールで「廃棄物対策課ごみ削減推進班」宛てにお申し込みください。

ポスター掲出

平成28年4月から、中央区の公共施設等にポスターを掲出しています。

外国語版チラシの配布

平成28年4月から、中央区の公共施設等で外国語版(英語版・中国語版・韓国語版)チラシを配布しています。

市政だより

市政だより中央区版平成28年4月1日号に記事を掲載しました。

焼却ごみ削減キャラクターへらそうくん

中央区のみなさまには、お手数をおかけいたしますが、モデル事業の趣旨をご理解いただき、事業へのご参加とご協力をお願いします。

 

ページの先頭へ戻る

平成27年度(平成27年5月~平成28年3月)

目的

平成27年5月から平成28年3月まで、市内2地区を対象に、家庭から出る木の枝、刈り草、葉の資源収集を行い、効果的な収集運搬や月別収集量等の効果の検証、住民のみなさまへのアンケート等による課題の抽出等を行いました。

モデル地区・収集日(月1回)

地区

南生実町内会(中央区)

み春野自治会(花見川区)

収集日

第一木曜日 第二水曜日

剪定枝等循環システムモデル事業ごみステーション写真

リサイクル

剪定枝リサイクル方法(燃料チップ・敷料)

収集量

【単位:Kg】

  平成27年度
5月

2,970

6月

2,490

7月

2,385

8月

1,585

9月

2,060

10月

2,610

11月

1,530

12月

2,070

1月

680

2月

1,660

3月

1,900

合計

21,940

モデル事業の主な感想や意見

(モデル地区住民へのアンケートより)

  • 燃料チップなどに再資源化できるので、有意義だと思う。
  • 排出数の制限がないので、便利だと思う。
  • 木の枝は、可燃ごみ収集日よりも太く、長いものが出せるので、便利だと思う。
  • ぜひ本格的に事業化してほしい。
  • 収集回数を月2回にしてほしい。

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5236

ファックス:043-245-5624

haikibutsutaisaku.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)