ここから本文です。

更新日:2018年7月5日

千葉氏ゆかりの地 「多古町」のご紹介

鎌倉幕府の成立に貢献し、全国各地に多くの所領を獲得した千葉氏の一族は、それぞれの地で歴史を刻みながら、さまざまな文化を築いています。
そんな千葉氏ゆかりの都市の中から、多古町の魅力を紹介します。

多古町と千葉氏

多古町は、千葉県の北東部、成田国際空港の東側に位置しています。町の中央には栗山川が流れ、「多古米」などの豊かな恵みをもたらしています。平安時代末から中世、多古町は千葉氏の荘園「千田荘」の中心地でした。室町時代中期の享徳の乱では、千葉家当主胤直は一族間の争いに敗れ、逃れてきた千田荘で亡くなります。多古町が千葉氏宗家終焉の地となりました。

多古祇園祭

6月恒例の「あじさい祭り」が終わると、毎年7月25日、26日に開催される「多古祇園祭」で、町は沢山の観光客で賑わいを見せます。華やかな山車が町中を練り歩き、八坂神社では県指定無形民俗文化財の「しいかご舞」が奉納されます。
この夏は、ぜひ多古町を訪れて、千葉氏の足跡をたどってみませんか。

開催日:平成30年7月25日(水)、26日(木)
詳 細:多古祇園祭の詳細はこちら(外部サイトへリンク)をご確認ください。

takogion(外部サイトへリンク)

このページの情報発信元

総合政策局総合政策部都市アイデンティティ推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5660

ファックス:043-245-5476

identitysuishin.POC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)