ここから本文です。

更新日:2019年12月20日

第21回障害者福祉大会を開催しました

毎年12月3日から9日は「障害者週間」です。
千葉市では、毎年この「障害者週間」の一環として、障害者の自立促進・相互交流と、市民の皆さんの障害に対する理解を広めることを目的に、「千葉市障害者福祉大会」を開催しています。本年度の「第21回千葉市障害者福祉大会」は、障害のある方のご家族による体験発表や障害のある方による演技発表、10月に茨城県で開催予定であった「第19回全国障害者スポーツ大会」千葉市代表選手の紹介のほか、ToshiYoroizukaオーナーシェフ 鎧塚 俊彦さんによる講演会を行いました。

 

日時

令和元年12月7日(土曜日)9時40分から12時20分

場所

千葉市ハーモニープラザ1階多目的ホール
(中央区千葉寺町1208-2)

大会の内容

(1)オープニング
開会宣言:高山 功一 大会実行委員長
主催者挨拶:熊谷 俊人 千葉市長
来賓挨拶:段木 和彦 千葉市議会副議長
fukushitaikai4


 

 



(2)体験作文・ポスター最優秀者表彰
[心の輪を広げる体験作文]
千葉市立小谷小学校 藤盛 ゆいさん
受賞作品「パラスポーツ体験を通して学んだこと(PDF:88KB)
千葉大学教育学部附属中学校 瀬尾 菜々美さん
受賞作品「小さな勇気(PDF:113KB)

[障害者週間ポスター]
千葉市立都賀小学校 福島 杏果さん
受賞作品「障害があったって負けない」
syogakusei2019post

千葉市立朝日ケ丘中学校 坂田 英理さん
受賞作品「点字ブロックで安心安全に歩きたい」
cyugakuseipost

(3)市政功労者紹介
令和元年度市政功労者 千葉市手をつなぐ育成会 島田 貴美代さん

(4)第19回全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」千葉市代表選手紹介(PDF:105KB)
今年は、台風19号の接近に伴い、全日程中止となってしまいましたが、28名の選手が選出されました。

(5)体験・実践発表
「ことばの教室に通う子のレジリエンス」千葉市立院内小学校教諭
ことばの教室担当 渡邉美穂さん

(6)演奏・演技発表(PDF:97KB)
(発表団体:オリーブハウス・オリーブダンサーズ)

(7)講演会
ToshiYoroizukaオーナーシェフ 鎧塚 俊彦さん
「パティシエは世界一幸せな仕事」


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局高齢障害部障害者自立支援課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階

電話:043-245-5175

ファックス:043-245-5549

shogaijiritsu.HWS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)