ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 建設局 > 建設局下水道企画部下水道経営課 > 千葉市雨水対策重点地区整備基本方針

ここから本文です。

更新日:2022年6月1日

千葉市雨水対策重点地区整備基本方針

千葉市雨水対策重点地区整備基本方針とは

千葉市では、近年、局地的大雨や大型台風による浸水被害が発生していることから、今後の雨水対策のあり方を検討し、平成30年度から令和19年度までの20年間を計画期間とする「千葉市雨水対策重点地区整備基本方針」を策定しました。

この方針により、大雨時に床上浸水が発生するなどの浸水リスクが高く、被害が発生した場合に、経済的損失が大きい都市機能が集積している地区を整備重点地区として位置付け、整備水準を1時間あたりピーク雨量65.1mmに引き上げ、対策を強化していきます。

詳しくは、以下のファイルをご覧ください。

千葉市雨水対策重点地区整備基本方針(PDF:1,438KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

建設局下水道企画部総合治水課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所7階

電話:043-245-5613

ファックス:043-245-5574

chisui.COP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)