閉じる

ホーム > 学校経営 > 学校教育目標

更新日:2020年2月3日

ここから本文です。

学校教育目標

知・徳・体の調和がとれ、生きる力を身につけた生徒の育成

校訓

自主 創造 協力

めざす生徒像

  1. 自ら考え創造的な知性を持った生徒
  2. 豊かな情操と強い意志を持った生徒
  3. 勤労を尊び、進んで協力する生徒
  4. たくましい体力を持った生徒

生活指導強調項目

あ・お・み・そ

  • あいさつ
  • 思いやり
  • 身だしなみ
  • そうじ

経営の重点

(1)基本的生活習慣の定着を図る。

  • あいさつ運動のさらなる推進
  • 正しい服装やマナーの励行
  • 家庭と連携した正しい生活習慣の確立

(2)基礎基本的な学習の徹底を図り、確かな学力の向上に努める。

  • 基本的学習習慣と、健全な授業態勢の確立
  • 家庭における計画的な学習習慣の育成
  • 生徒個々の実態に応じた指導の推進

(3)生徒諸活動の活性化を図るため、学級作りを充実させる。

  • 自主性、自律性の育成
  • 一人一人の生徒へ、心の温かさが伝わる学級経営
  • ボランティア活動の推進
  • 通常学級と特別支援学級(5組)の交流活動の充実

(4)様々な機会を捉えて、生徒との触れあいを多く持ち、生徒理解の深化に努める。

  • 教育相談の充実、スクールカウンセラーとの連携強化
  • 生徒との協働作業を通した相互理解
  • 家庭訪問、地域行事、パトロールを通した地域理解と環境把握

(5)生きた環境づくりに努め、豊かな情操を培う。

  • 季節感あふれた環境づくり
  • 清掃活動の推進と充実
  • 地域花いっぱい運動の推進