ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > 施策・計画 > これまでのモビリティの取組み

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2022年11月22日

これまでのモビリティの取組み

 

(2)モビリティ

千葉市では、幕張新都心が抱える移動に関する課題(拠点間に一定の距離があり、来街者の多くが駅と目的施設との単純往復となっている)を解決するため、自動運転モビリティ等のシェアリングサービスの導入により、拠点間の移動負担を軽減することで回遊性の向上・賑わいの創出を図ることを目指し、これまで実証実験を行ってきました。

スライド 幕張新都心の移動課題

 スライド パーソナルモビリティ試乗体験ツアーの実施

スライド 次世代パーソナルモビリティを活用した実証実験

スライド 次世代パーソナルモビリティシェアリングサービス実証

スライド 次世代パーソナルモビリティ自動走行技術実証

スライド パーソナルモビリティのシェアリング・自律走行の実証実験

スライド 次世代パーソナルモビリティを活用した実証実験

スライド CEATECにおける自動走行バスの公道実証実験

スライド 自動運転バスによる公道実証実験

スライド 自動運転バスによる公道実証実験2

スライド AI運行バス

スライド アプリを活用した次世代モビリティとレコメンド等配信を組み合わせたサービス

スライド 自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実証

各関係機関のご協力のもと、これまで次の取組を実施してきました。

  • パーソナルモビリティ試乗体験ツアーの実施(2017.8)…市民意識の醸成及び利用者ニーズの把握を目的に、「WHILL」の試乗体験ツアーを実施。モールとモール間の屋外走行(公道。約600m)や横断歩道(信号機あり:2か所、なし:1か所)、屋内と屋外のシームレスな走行を体験
  • World Robot Summit 2018実証サイト提示(2018.10)…WRS2018の展示会の一環として、ロボットの社会実装に関する先進的事例を地域で展示。幕張新都心エリアにおいて、一般客を対象とした試乗体験イベント及び近未来技術展示を実施(「WHILL」試乗体験イベントや自律走行デモンストレーション)
  • 次世代パーソナルモビリティを活用した実証実験(2019.12)…ILY-Ai(次世代パーソナルモビリティ)を活用したショッピングモール(屋内)での自律走行、非GPS環境下での位置測位の精度検証、乗り捨てを想定した無人回収、カメラ認証による不審物検知
  • 次世代パーソナルモビリティを活用した実証実験(2020.11~12)…パーソナルモビリティを活用したシェアリングサービス(無料)、 海浜幕張駅前・三井アウトレットパーク幕張・幕張メッセの3か所に受付場所を設けてスタッフにより貸出
  • 次世代パーソナルモビリティ自動走行技術検証(2020.11~12)…ILY-Aiによる屋内・屋外での自動走行(無人回収)、5G環境でのデータ転送検証等の実証実験を実施
  • パーソナルモビリティのシェアリング・自律走行の実証実験(2022.2)…施設内でパーソナルモビリティを活用したシェアリングサービス、MaaSアプリによる貸し出しの無人対応の検証、ILY-Aiによる遊歩道(公道)での有人走行、自律走行、エッジデバイスを活用した遠隔監視を実施
  • 次世代パーソナルモビリティを活用した実証実験(2021.6)…動物解説を聞きながら自動運転で園内周回(障害物検知時は自動停止・自動回避)、2台の機体をペアリングして新たな体験を提供、ZMP小石川オフィスから遠隔管理を実施
  • CEATECにおける自動走行バスの公道実証実験(2019.10)…県内初となるハンドルが無い自動走行バスの公道実証実験を実施。実施内容は、緊急時に手動運転に切り替え走行、車両の信号情報取得による安全走行・停止を実現、自律走行車両運行プラットフォームによるダイヤに基づく運行管理
  • 自動運転バスによる公道実証実験(2020.3)…地域の交通事業者、企業と共同により、イオンモール幕張新都心の周辺(公道)での自動運転バス実証実験を実施
  • 自動運転バスによる公道実証実験(2022.1)…交通渋滞や異なる速度の車両が存在する環境下(イオンモール幕張新都心~JFA夢フィールド幕張温泉湯楽の里)での自動運転動作、多車線での右左折挙動の技術検証、モニター等による地域ニーズの確認
  • AI運行バス(2020.11~12)…幕張新都心エリア24か所にステーションを設置し、利用者の予約に応じてAIが最適な運行計画を作成するオンデマンドバスを運行。実証を通して幕張新都心における中長距離移動需要の把握、回遊性に関するデータ収集、最適なステーション設置場所の検証
  • アプリを活用した次世代モビリティとレコメンド等配信を組み合わせたサービス(2022.2~3)…幕張新都心エリア約80か所にステーションを設置し、利用者の予約に応じてAIが最適な運行計画を作成するオンデマンド交通を運行。また、 パーソナルモビリティとの連動によるシームレスなサービスの提供や、利用者の属性等に応じたレコメンドの提供、店舗からのリアルタイムなクーポン・メッセージ及び混雑情報等の配信
  • 自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実証(2022.3)…自動走行ロボットを活用した新たな配送サービスの実証。都市部における歩行者や自動車等混在空間に対応した自動運転動作や、安全な自動走行が可能な走行コースの設計等の技術検証、利用者や参加店舗へのアンケートによるサービスの効率性・利便性・有効性・社会受容性の検証

国家戦略特区推進課トップページに戻る

このページの情報発信元

総合政策局未来都市戦略部国家戦略特区推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5346

ファックス:043-245-5551

tokku.POF@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)