ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 羽田再拡張事業に伴う航空機騒音問題 > 取組み状況等の経過(平成27年度まで)

ここから本文です。

更新日:2018年6月20日

取組み状況等の経過(平成27年度まで)

  • 平成14年6月25日
    羽田空港を再拡張し、2000年代後半までに国際定期便の就航を図ることを閣議決定
  • 平成16年2月9日
    国土交通省が着陸便のほとんどが千葉県上空を通過する飛行ルート案を提示
    千葉県及び関係14市から飛行ルート案に対する意見書を国土交通省に提出
  • 平成16年5月25日
    国土交通省が県・関係14市の要望に対する修正案を提示し、県・関係14市が修正案を基本的に受け入れた。
  • 平成16年10月28日~18年7月19日
    国土交通省が環境アセスメント手続きを実施
  • 平成17年9月2日
    県・市町村連絡協議会(平成16年7月設置)と国土交通省が引き続き協議する事項等について確認書を締結
    羽田再拡張後の飛行ルート等に関する確認書(外部サイトへリンク)
  • 平成18年10月25日
    県・市町村連絡協議会から“羽田再拡張事業に関する課題について”申入書を国土交通省に提出
  • 平成19年5月16日
    アジア・ゲートウェイ構想が提示
    • 海外交流の一環として「航空自由化」に向けた航空政策へと転換するとし、<羽田の更なる国際化、大都市圏国際空港の24時間化>を掲げた。
  • 平成19年6月6日
    県・市町村連絡協議会から“「アジア・ゲートウェイ構想」に係る施策の実施について」”申入書を国土交通省に提出
  • 平成19年10月25日
    本市から“羽田再拡張事業に関する騒音対策について”申入書を国土交通省に提出
  • 平成20年5月20日
    国土交通省が「首都圏空港における国際航空機能拡充プラン」を発表
  • 平成20年6月20日
    県・市町村連絡協議会から“「首都圏空港における国際航空機能拡充プラン」の羽田騒音影響に関する”申入書を国土交通省に提出
  • 平成21年8月5日
    県・市町村連絡協議会において、国土交通省が南風時の深夜・早朝時間帯を基本的に海上ルートとする案を提示
    ただし、海上ルートへの切り替えのため、23時台前半に千葉市上空を1日平均7,8機程度の着陸機が通過する。
  • 平成21年8月26日
    千葉市から国土交通省に対して、羽田空港再拡張事業後に当該空港を利用する飛行機の飛行コースについて申入れを行った。
    連絡協議会の申入書
  • 平成21年9月4日
    県・市町村連絡協議会担当部課長会議が開催され、本市の申入事項に対し、国土交通省から再提案があった。
    国土交通省からの飛行ルート再提案について
  • 平成22年3月15日
    県・市町村連絡協議会において、国土交通省と深夜早朝時間帯の飛行ルートについては、海上ルートとすることで合意。
    国土交通省との協議結果について
  • 平成22年3月19日
    県・市町村連絡協議会において、国土交通省と深夜早朝時間帯の飛行ルートについては、海上ルートとすることで合意。
    これは、3月15日に深夜早朝時間帯を海上ルートとすることで合意したことから締結。
    羽田再拡張後の飛行ルート等に関する確認書(外部サイトへリンク)
  • 平成22年7月2日
    県・市町村連絡協議会において、「羽田再拡張後の飛行ルート修正に対する申入書」を国土交通省に提出
    千葉県HPへリンク(外部サイトへリンク)
  • 平成22年10月21日
    羽田空港において、第4滑走路(D滑走路)の供用が開始
  • 平成23年2月16日
    県・市町村連絡協議会において、供用開始以降苦情が多数寄せられていることから、飛行ルートの分散をすること及び深夜・早朝時間帯における海上ルート飛行の徹底について申入書を国土交通省に提出。
    羽田再拡張後の運用に対する申入れについて(千葉県HPへリンク)(外部サイトへリンク)
  • 平成23年4月7日
    北風時における北方面着陸機の飛行ルートが変更された。
    飛行ルート(千葉県HPへリンク)(外部サイトへリンク)
  • 平成23年6月6日
    2月16日に行った連絡協議会からの申し入れに対して、国土交通省から以下の回答。
    <要旨>
    1)富津沖海上ルートの運用については、運用を徹底するため、本運用についての慣熟の促進を図るとともに、運用方式についても一部見直しを進めていく。
    2)内陸部における着陸ルートの分散については、平成23年4月7日より、北風時の到着経路について改善を図り、これ以外の経路に関する騒音改善策についても、検討を続けていく。
    3)深夜・早朝時間帯(23時から翌6時)の運用については、平成22年確認書2(1)の運用を原則としており、また、D滑走路の離陸に関しては、更なる改善策として、平成23年3月10日より出発経路の見直しを行ったが、今後も当該経路の運用について注視していく。
    4)今後の取り組みについては、管制技術等の進展を図るために必要な予算の確保に努め、平成17年確認書別紙2-1及び平成22年確認書2(2)にある検討の早期着手を図る。
  • 平成23年11月7日
    市長が国土交通省を訪ね、国土交通大臣に対して「千葉市上空の航空機騒音の改善に係る申入れ」を行った。
    千葉市上空の航空機騒音の改善に係る申入れについて(PDF:113KB)
  • 平成23年11月16日
    県・市町村連絡協議会において、国土交通省から、南風好天時の交差部分の住宅地の騒音軽減策について、一部ルートの見直し案が提示される。また、そのことについて、11月29日に、国土交通省から詳細ルートの情報提供があった。
    経路改善のイメージ(PDF:142KB)
    南風好天時・標準の着陸ルート(新旧対象図)(PDF:184KB)
  • 平成24年2月9日
    南風好天時の一部ルートが変更され、交差部が3km東側の千葉東金道路・大宮IC付近に移動した。
  • 平成24年6月4日
    第16回 羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会が開催されました。

    <要旨>千葉市に関連するもの

    国土交通省から次の説明がありました。
    • 南風好天時の飛行高度引き上げの検討状況について
      • 南方面からの飛行高度5,000フィート(約1,500m)の引き上げについて検討中である。
      • この高度引き上げには、飛行高度4,000フィート(約1,200m)で飛行する飛行機との交差に際しての安全確保等の厳しい安全上の条件を満たすことが必要である。
      • 実施の可否、また、実施可の場合の実施時期は、現時点では明示できないが、現在、早期実施を目指し鋭意検討中である

        <市長コメント>
        国土交通省の説明に対する見解を発表しました
        市長コメント(PDF:89KB)
  • 平成24年8月23日
    市長が南ルートの飛行高度引き上げの試行運用開始日に大宮台小学校で現地視察及び市民代表者と意見交換を行いました。
  • 平成24年8月23日~平成24年11月14日
    南方面から飛来し、緑区誉田町、若葉区大宮町を通過していく、南ルートについて飛行高度を5,000フィート(約1,500m)から最大2,000フィート(約600m)引き上げる試行運用を実施しました。
    羽田空港・南風好天時における高度引き上げの試行運用について(平成24年8月~11月)
  • 平成24年9月10日
    国土交通副大臣及び市長が大宮台小学校で現地視察・市民代表者と意見交換を行いました。
  • 平成24年11月14日
    「羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会」より国土交通省航空局長へ羽田再拡張後の騒音軽減に関して申入れました。
    羽田再拡張後の騒音軽減に関する申入書(千葉県HPへリンク)(外部サイトへリンク)
  • 平成24年12月21日
    「羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会」が開催されました。
    協議会において、国土交通省より“南風好天時の南ルートの高度引き上げの試行”を平成25年3月7日から再開するとの提示がありました。
    今回の試行では先回の試行で確認できなかった、南風強風時の安全性の確認などが行われます。
  • 平成25年2月15日
    市長が国土交通大臣に面会し、南ルートの飛行高度引き上げの本格運用や、北ルートの高度引き上げの試行運用の早期実施、飛行ルートの分散化など首都圏全体での騒音の共有化の早期実施など、騒音軽減に関する申入れを行いました。
    千葉市上空の航空機騒音の改善に係る申入書(PDF:733KB)
  • 平成25年3月7日
    南風好天時の6時から23時まで羽田空港着陸機の南ルートの飛行高度引上げの試行が再開されました。
  • 平成25年6月4日
    第18回羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会が開催されました。
    国土交通省からの説明内容(千葉県ホームページ)(外部サイトへリンク)
        <市長コメント>
        国土交通省の説明に対する見解を発表しました。
    市長コメント(PDF:24KB)
  • 平成25年11月8日
    第19回羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会が開催され、市長が出席し、国土交通省から示された国際線増枠に伴う発着枠の柔軟化などに断固反対しました。
    国土交通省からの説明内容(千葉県ホームページ)(外部サイトへリンク)
        <市長コメント>
        国土交通省の説明に対する見解を発表しました。
    市長コメント(PDF:28KB)
  • 平成25年11月14日
    平成25年3月7日から実施されていた南風好天時における南側ルートの飛行高度引上げの試行運用が、本格運用となりました。
    イメージ図(千葉県ホームページ)
  • 平成25年11月19日
    「羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会」として、市長が千葉県副知事らと共に国土交通副大臣に面会し、羽田再拡張後の騒音軽減に関する緊急要望を行いました。
    羽田再拡張後の騒音軽減に関する緊急要望(千葉県ホームページ)
  • 平成26年1月10日
    平成25年11月19日に、騒音軽減に関する緊急要望を実施しましたが、これに対して、国土交通省から回答がありました。
    国土交通省からの回答内容(千葉県ホームページ)(外部サイトへリンク)
        <市長コメント>
        国土交通省の回答に対する見解を発表しました。
    市長コメント(PDF:29KB)
  • 平成26年3月6日
    南風好天時における北側ルートの飛行高度を4,000フィートから4,500フィートに引き上げる試行運用が開始されました。
    南風好天時における飛行ルート(PDF:125KB)
  • 平成26年3月26日
    <市長コメント>
        国際線増枠に伴う発着枠の柔軟化運用に対する見解を発表しました。
    市長コメント(PDF:30KB)
  • 平成26年6月6日
    第20回羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会が開催されました。
    国土交通省からの説明内容(千葉県ホームページ)(外部サイトへリンク)
  • 平成26年8月26日
    第1回首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会が開催されました。
    開催状況(国土交通省ホームページ)(外部サイトへリンク)
  • 平成26年11月14日
    第21回羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会が開催されました。
    国土交通省からの説明内容(千葉県ホームページ)(外部サイトへリンク)
  • 平成27年1月21日
    第2回首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会が開催されました。
    開催状況(国土交通省ホームページ)
  • 平成27年4月2日
    平成26年3月6日から実施されていた南風好天時における北側ルートの飛行高度引上げの試行運用が、本格運用となりました。
    南風好天時における飛行ルート(PDF:332KB)
  • 平成27年6月5日
    第22回羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会が開催されました。
    国土交通省からの説明内容(千葉県ホームページ)(外部サイトへリンク)
  • 平成27年7月15日
    第3回首都圏空港機能強化の具体化に向けた協議会が開催されました。
    開催状況(国土交通省ホームページ)(外部サイトへリンク)
  • 平成27年9月16日
    第1回羽田空港機能強化に関する連絡調整部会が開催されました。
    開催状況(千葉県ホームページ)(外部サイトへリンク)
  • 平成27年11月17日
    第23回羽田再拡張事業に関する県・市町村連絡協議会が開催されました。
    国土交通省からの説明内容(千葉県ホームページ)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境規制課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5191

ファックス:043-245-5581

kankyokisei.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)