千葉市よくある質問と回答トップページ > 税金 > その他税金 > 固定資産税:固定資産の所有者が死亡した場合はどうしたらよいですか。

更新日:2020年7月6日

ここから本文です。

固定資産税:固定資産の所有者が死亡した場合はどうしたらよいですか。

質問

固定資産税:固定資産の所有者が死亡した場合はどうしたらよいですか。

回答

死亡された年度の課税については、固定資産の所在する区を管轄する【市税事務所資産税課】へお問い合わせください。
また、翌年度以降の固定資産税の課税にあたっては次により納税義務者を認定し課税することとなります。
亡した方が所有していた固定資産について相続などで年内に所有権の移転登記が終了した場合
年度は登記された新しい所有者が納税義務者となります。
内に登記をすることができない場合
課期日(1月1日)現在の所有者を認定するため届出が必要となります。
の届は「固定資産税の納税義務者変更届出書」といいます。

※各市税事務所の管轄区
部市税事務所…中央区・若葉区・緑区
西部市税事務所…花見川区・稲毛区・美浜区

受付時間

午前8時30分から午後5時30分まで

休日

土、日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日まで)

問い合わせ先

各市税事務所資産税課
東部市税事務所043-233-8143
西部市税事務所043-270-3143

このページの情報発信元

財政局税務部課税管理課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階

電話:043-245-5126

ファックス:043-245-5540

kazeikanri.FIT@city.chiba.lg.jp

このFAQはあなたの疑問を解決しましたか?

千葉市役所コールセンター

web

電話番号:043-245-4894

年中無休 午前8時30分~午後9時
土日休日・年末年始は午後5時まで