ここから本文です。

更新日:2019年3月23日

縄文の森

加曽利貝塚の一部を含む坂月川沿いの緑地は「縄文の森特別緑地保全地区」として守られてきました。

低湿地、斜面林、貝塚内の草地など多様な緑地で構成される里山景観は、ふるさとの原風景として、または縄文集落の借景として、史跡を訪れる人々に当時の人々の暮らしを立体的に思い起こさせてくれます。
詳しくは、千葉市緑政課のページへ

自然に触れ合う

園内はクヌギ、コナラ、ケヤキ、クリ、シイ類などが植樹され縄文時代の植生を再現しています。

草地は千葉市内ではなかなか見ることができない稀少な草花が数多く自生しています。

hana1

hana3

加曽利貝塚でみられる野花(PDF:220KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課加曽利貝塚博物館

千葉市若葉区桜木8丁目33番1号

電話:043-231-0129

ファックス:043-231-4986

kasorikaiduka.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)