ここから本文です。

更新日:2018年12月10日

第6回中学生のための起業体験講座を開催しました

千葉市では、次世代の産業を担う子どもの起業家精神(アントレプレナーシップ)を育むため、市内の大学や企業と連携してものづくりの楽しさや、経済・金融の仕組みを学ぶ機会を創出しています。
この取り組みの一環として、「第6回中学生のための起業体験講座」を実施しました。
「若葉区民まつりの機会を利用して、地域が元気になるようなビジネスを展開」というミッションのもと、若葉区と四街道市の中学生4人が模擬会社を設立し、若葉区民まつりに出店しました。

実施内容

講座の流れは下記のとおりです。

  1. 夢を持って仲間を集める
  2. 事業計画を考える
  3. 会社を作る
  4. 資金を集める(投資家役からの出資)
  5. 事業を行う
  6. 成果をまとめて報告する

日程

時間

内容

1日目:10月7日(日曜日) 10時00分
~16時00分
  • 開講式
  • 講義
  • ルール説明
  • チーム結成とアイデア出し
2日目:10月14日(日曜日) 10時00分
~16時00分
  • 講義
  • 会社設立
  • 起業準備と資金調達
3日目:11月3日(土曜日・祝日) 10時00分
~16時00分
  • 開店準備
    (買い出し・広告用チラシの作成等)
4日目:11月4日(日曜日) 8時00分
~17時00分
  • 若葉区民まつりでの事業実施
  • 事業の清算
  • 公認会計士による監査
  • 閉講式

活動の様子

会社名 K&M かんぱにー
社員数 4名
創業理念 活気あふれるお店にする
出店内容 縁日(ボール的当てゲーム)

 

東京情報大学・樋口准教授
によるファシリテーション

起業家を招き、体験談や
事業内容などを聞きました 

 

事業の舞台「若葉区民まつり」
の概要をヒアリング

 

社員同士で議論して
事業計画を作成

投資家へのプレゼンを経て
事業資金を獲得 

 

投資家の出資をもとに
事業(出店)準備

 

チラシも自分たちで
デザインしました

 

区民まつり本番!
お客様をサポート

 

当日の値下げなど
臨機応変に事業展開

千葉都市モノレールの
モノちゃんも来店!

初めて会う仲間たち
同士で頑張りました

出店後は会社の清算!
黒字を達成できました

参加者の感想(アンケートより抜粋)

中学生

  • 起業することは意外に簡単だなと思いました。
  • お金の動きを知ることができてよかったです!
  • 会計士の仕事とその重要性についてもっと学んでみたいです。

保護者

  • 子どもが思った以上に楽しそうでした。
  • 新しい仲間や先生に出会えてよかったです。
  • 小・中学校でもバザーやフェスタ等行っていますが、企画出店することはないので楽しかったようです。 

ご協力いただいた企業・事業所の皆様(五十音順)

開催にあたり、多大なご協力をいただきました。感謝申し上げます。

  • 公益財団法人千葉市産業振興財団 コーディネーター 下田様    
  • 公認会計士 平野様
  • べーぐるきっちん 店長 芝﨑様

その他

本講座は、平成25年度に締結された「千葉市と東京情報大学との地域経済活性化に関する連携協定」に基づき実施しています。

東京情報大学樋口准教授(総合情報学部総合情報学科 起業・商品開発コース)の総合的なプログラムの下、行われました。

このページの情報発信元

経済農政局経済部雇用推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階

電話:043-245-5278

ファックス:043-245-5669

koyosuishin.EAE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)