• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年11月30日

郷土博物館_常設展示・企画展示

開催中、開催予定の企画展示

 【開催中】千葉市史ミニ企画展展示で古文書講座
「千葉市域における近世の馬と牧」

展示されている古文書をひとつひとつ読み進めながら、江戸時代の千葉市域の様子を知り、千葉市歴史への理解を深めてもらうことを目的にした展示です。
今回は「千葉市域における近世の馬と牧」と題し、かつて下総台地上に存在した幕府の馬の放牧場(=牧)と牧周辺の村落との関わりについて考えてみます。

会期

平成29年9月29日(金曜日)~平成30年1月14日(日曜日)

9時00分~17時00分(開館時間に準ずる。入館は16時30分まで)

会場

千葉市立郷土博物館 2階展示室

料金

無料

チラシのダウンロードはこちら↓

ちば市史ミニ企画展「展示で古文書講座~千葉市域における近世の馬と牧~」チラシ(PDF:12,119KB)

 

ボランティアによる展示解説 

展示されている古文書を一緒に読みながら、文字のくずし方などを含めた「ミニ」古文書講座を受けられます。
古文書に興味があるけど、いきなりちゃんとした講座はなぁ…などと日頃考えている方、ぜひおいで下さい。
古文書の敷居がぐっと低くなること請け合いです。

日時

11月4日(土曜日)・11月18日(土曜日)・12月9日(土曜日)

13時00分~15時00分を予定

ページの先頭へ戻る

 特別展「戦国時代の千葉氏ー古文書が語る争乱ー」

応仁の乱に先立つこと13年。関東地方は享徳3年(1454)の享徳の乱をきっかけに戦国時代に突入しました。
下総国を一貫して支配していたのは平安末期から続く名門千葉氏でした。
千葉氏内部の対立や動揺の中、北条氏や里見氏など諸勢力と協力や敵対関係を持ちながら渡り合っていきます。

今回の展示では戦国時代末期の千葉氏当主胤富と邦胤について、平成29年2月に千葉市指定文化財となった「原文書」を中心に、当時の関連資料や出土資料などをあわせてご紹介します。

会期

平成29年10月31日(火曜日)~平成30年1月14日(日曜日)

9時00分~17時00分(開館時間に準ずる。入館は16時30分まで)

会場

千葉市立郷土博物館 2階展示室

料金

無料

特別展示「千葉氏の印判状」

千葉胤富の鶴の黒印状と邦胤の龍の朱印状あわせて7点が、所蔵者様のご協力により、今回初めて一堂に会します。

  1. 千葉胤富黒印状(原文書)
  2. 千葉胤富黒印状(海上八幡宮蔵)
  3. 千葉邦胤龍朱印状(原文書)
  4. 千葉邦胤朱印禁制(香取神宮蔵、県指定文化財)(展示期間平成29年12月5日(火曜日)~平成30年1月14日(日曜日))
  5. 千葉邦胤朱印条書(香取神宮蔵、県指定文化財)(展示期間:平成29年10月31日(火曜日)~12月3日(日曜日))
  6. 千葉邦胤印判状(旭市文書館寄託、旭市指定文化財)
  7. 千葉邦胤印判状(茨城県立歴史館寄託)(展示期間:平成29年10月31日(火曜日)~11月19日(日曜日))

関連事業

1.歴史講座「戦国時代の千葉と諸勢力」※募集は終了しました

千葉経済大学と千葉市立郷土博物館の共催事業です。
今年は特別展に関連して、戦国時代の千葉を取り上げます。

日程および内容
  1. 11月30日(木曜日)「千葉氏と里見氏の攻防」滝川恒昭氏(千葉市史編集委員)
  2. 12月1日(金曜日)「戦国時代の千葉氏」黒田基樹氏(駿河台大学教授)
  3. 12月8日(金曜日)「民衆の信仰と民俗」菅根幸裕氏(千葉経済大学教授)

以上全3回

時間
13時30分~15時30分
会場
千葉経済大学(稲毛区轟町3)
対象
市内在住・在勤・在学の方
定員
200名(定員を超えた場合抽選)
参加費
無料
2.ギャラリートーク

学芸員による展示解説を行います。

日時
  1. 11月5日(日曜日)
  2. 12月3日(日曜日)
  3. 12月17日(日曜日)

いずれも13時00分~13時30分

3.武家装束試着体験

詳細は募集情報をご覧ください→武家装束試着体験(別ウインドウで開く)

ページの先頭へ戻る

siro2.gif

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課郷土博物館

千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号

電話:043-222-8231

ファックス:043-225-7106

kyodo.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)