ここから本文です。

更新日:2018年12月3日

郷土博物館_常設展示・企画展示

開催中・開催予定の企画展示

常設展示/過去の展示情報

開催中、開催予定の企画展示

 写真パネル展「千葉市の海辺」

かつての千葉の海辺は遠浅で、干潮時には広い干潟が出現しました。干潟でとれるアサリ・ハマグリの加工や打瀬船による底曳き漁、ノリ養殖が盛んにおこなわれいました。
さらに、都心から近距離であったことから、避暑や海水浴、潮干狩りなどを目的とした多くの観光客も訪れました。

こうした海辺の景色は、高度経済成長期の大規模な開発等によって急速に変貌をとげていきます。
昭和28年の川崎製鉄の操業開始をきっかけに、千葉市は大きく工業化していきました。
海辺の本格的な埋め立ては、昭和30年代後半から開始され、かつて干潟が広がっていった場所には工場や住宅、学校、商業施設などが次々とつくられ、新しい街の姿が生まれていきました。

このパネル展では、大きく変貌した千葉の海辺の様子を写真で振り返ります。

期間

平成30年7月4日(水曜日)~

会場

郷土博物館 5階展示室

2018_写真パネル展「千葉市の海辺」展示風景

ページの先頭へ戻る

 企画展示「千葉寺地区の遺跡展 ―地中の歴史をさぐる―」

千葉寺地区(千葉寺町の一部と青葉町)での区画整理事業に伴い県教育振興財団(当時は財団法人千葉県文化財センター)によって昭和60年度~平成10年度にかけて発掘調査された成果の一部が公開されます。

※この展示は公益財団法人千葉県教育振興財団との共催事業です。企画は公益財団法人千葉県教育振興財団が行いました。

期間

平成30年10月20日(土曜日)~12月16日(日曜日)

会場

郷土博物館 1階展示室

展示資料

千葉寺地区(千葉寺町の一部と青葉町)から出土した考古資料のうち学術的価値の高いもの(県教育振興財団蔵)

  • 弥生時代中期土器(中野台遺跡)(千葉経済大学地域経済博物館所蔵)
  • 金鈴(観音塚遺跡)
  • 和同開珎(観音塚遺跡)
  • 墨書土器(観音塚遺跡)
  • 線刻管玉(観音塚遺跡)ほか

展示解説 ※終了しました

日時

10月28日(日曜日)・11月17日(土曜日)・12月1日(土曜日)
いずれの日も10時30分~、14時00分~

解説者

県教育振興財団職員

チラシ

「千葉寺地区の遺跡展―地中の歴史をさぐる―」チラシ(PDF:432KB)

ページの先頭へ戻る

 千葉常胤生誕900年記念特別展「千葉常胤と鎌倉幕府の成立―東国武士と武家政権―」

今年生誕900年を迎える千葉常胤は、源頼朝に従い鎌倉幕府の成立に大きく貢献した人物として知られています。
常胤は石橋山の戦いに敗れ房総に逃れてきた頼朝にいち早く味方し、高齢にもかかわらず平氏や奥州藤原氏との戦いに活躍しました。その結果、千葉氏は北は東北から南は九州にかけての広大な所領を獲得し、鎌倉幕府屈指の有力御家人に成長しました。千葉氏はその後400年間、鎌倉幕府以来の名族として関東に存在感を発揮し続けます。

本展では鎌倉幕府の成立における常胤の働きや、常胤が仕えた源頼朝、そして常胤とともに頼朝を支えた北条時政、上総広常、畠山重忠などの東国武士たちの動向について、武具・木像・絵画等の資料をとおして紹介します。

期間

平成30年10月23日(火曜日)~12月16日(日曜日)

会場

郷土博物館 2階展示室

展示資料

  • 千葉常胤肖像画及び自詠短冊(成田山霊光館)
  • 重要文化財 伝源頼朝坐像(複製)(神奈川県立歴史博物館所蔵、原資料 東京国立博物館所蔵)
  • 葛西清重坐像(複製)(葛飾区郷土と天文の博物館所蔵、原資料 超越山西光寺所蔵)
  • 源範頼像(複製)(鎌倉国宝館所蔵、原資料 海蔵山太寧寺所蔵)
  • 紙本金地着色源平合戦図屏風(右)(埼玉県立歴史と民俗の博物館所蔵)
  • 鎌倉将軍家政所下文(複製)(神奈川県立歴史博物館所蔵、原資料 個人所蔵)
  • 県指定文化財 源頼朝袖判下文(複製)(小山市立博物館所蔵、原資料 神奈川県立博物館所蔵)
  • 畠山次郎重忠大日本六十余将(錦絵)(船橋市西図書館所蔵)

ほか

チラシ

「千葉常胤と鎌倉幕府の成立―東国武士と武家政権―」チラシ(PDF:1,698KB)

図録

10月25日から販売開始しています。

詳細・通信販売方法等は刊行物のページをご覧ください。

ギャラリートーク

日時

11月3日(土・祝)・24日(土曜日)・12月8日(土曜日)
いずれの日も13時30分~14時00分

解説者

当館展示担当者

申し込み方法

事前申し込み不要。展示室へお越しください。

鎌倉騎馬武者体験 ※終了しました

日時

11月10日(土曜日)
10時00分~12時00分、13時00分~15時00分

会場

郷土博物館

内容

大鎧・鎧・陣羽織での乗馬体験、流鏑馬体験

申し込み方法

※終了しました

歴史講座

日時
  1. 11月28日(水曜日)
  2. 12月5日(水曜日)
  3. 12月12日(水曜日)

いずれも13時30分~15時30分

会場

千葉経済大学

内容
  1. 「上総廣常から見た鎌倉幕府成立と千葉常胤」講師:伊藤 邦彦
  2. 「鎌倉幕府を支えた関東武士三浦氏」講師:伊藤 一美
  3. 「陣僧と時衆」講師:菅根 幸裕
申し込み方法

※募集は終了しました

ページの先頭へ戻る

siro2.gif

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課郷土博物館

千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号

電話:043-222-8231

ファックス:043-225-7106

kyodo.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)