ここから本文です。

更新日:2022年5月2日

パラスポーツの国際大会

パラリンピック(身体障害及び知的障害)

障がいのあるトップアスリートが出場できる世界最高峰の国際競技大会です。夏季大会と冬季大会があり、国際パラリンピック委員会(IPC)は、大会を通じ共生社会の実現を促進することを目指しています。それぞれオリンピックの開催年に、原則としてオリンピックと同じ都市・同じ会場で行われます。(日本パラリンピック委員会ウェブサイト(外部サイトへリンク)より)

東京2020パラリンピック競技大会における千葉市内開催競技の日本代表選手の結果

千葉市ゆかりの代表選手の結果

デフリンピック(聴覚障害)

身体障害者のオリンピック「パラリンピック」に対し「デフリンピック(Deaflympics)」は、ろう者のオリンピックとして、夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオーストリアで初めて開催されています。
障害当事者であるろう者自身が運営する、ろう者のための国際的なスポーツ大会であり、また参加者が国際手話によるコミュニケーションで友好を深められるところに大きな特徴があります。(一般財団法人全日本ろうあ連盟ウェブサイト(外部サイトへリンク)より)

第24回夏季デフリンピック競技大会(2022年5月1日から5月15日まで)の日本選手団の特設サイト(一般財団法人全日本ろうあ連盟)(外部サイトへリンク)

スペシャルオリンピックス(知的障害)

日常のスポーツトレーニングの成果を発表する場として、大会・競技会を開催します。
大会・競技会は、日常のスポーツトレーニングとは全く違う環境で、アスリートが不安や緊張と戦いながら自分のできるようになったことのすべてを発揮するチャレンジの場です。また、アスリートだけでなく、コーチ、ファミリー、ボランティアをはじめ、活動に関わる全ての人にとってもチャレンジの場であるとともに、アスリートや自分自身の変化に気づく大切な場です。
スペシャルオリンピックスでは、オリンピック同様、4年に1度夏季・冬季の世界大会が開催され、スペシャルオリンピクス日本は日本選手団を派遣します。
世界大会に参加することで、海外のアスリートから学ぶ技術や、新たな目標など、この大会を通じて多くのことを得ることができます。(公益財団法人スペシャルオリンピックス日本ウェブサイト(外部サイトへリンク)より)

千葉県内の活動情報等は、スペシャルオリンピックス日本・千葉のウェブサイト(外部サイトへリンク)をご確認ください。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部スポーツ振興課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5966

sports.CIL@city.chiba.lg.jp