• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年3月26日

火災事例の再現実験映像です。

天ぷら油火災に“水”をかける実験

料理中の天ぷら油から火災が発生し、消火しようと水をかけてしまった場合、どのように燃え上がるのかを再現しました。
実験は、直径15cm程度の鍋に鍋底から2cm程度までサラダ油を入れ、水を約300mlかけて消火しようとした動画となっています。
比較的少量の油に少量の水をかけた実験ですが、想像以上に炎が立ち上がり、危険性を実感できる映像となっています。

もし、火が付いてしまったら、落ち着いて消火器を使いましょう!

電気的要因による火災(トラッキング現象)の再現した実験映像です。

(動画はYoutubeの動画埋め込みプレーヤーを利用しています。)

この映像は、電気機器に共通する部品「プラグ」などにおいて発生しやすいトラッキング現象(出火)を再現した実験映像です。多くのご家庭で使用されている電気機器は、間違った取扱いやメンテナンス不足により火災の原因になるとことがあります。
ホコリの掃除などを定期的に行い、火災を防ぎましょう。

スプレー缶による火災(噴射可燃性ガス爆発実験)

この映像は、密室にスプレー缶から噴射されたガスがたまった状態で火気を利用した際の爆発を再現した実験映像です。制汗スプレーやヘアスプレーなど、スプレー製品には噴射するための高圧ガスとして可燃性ガスが封入されています。使用方法や廃棄方法を間違えると大きな火災や事故になりますので、危険性を正しく認識して火災や事故を防ぎましょう。

スプレー缶による火災(噴射可燃性ガス引火実験)

この映像は、スプレー缶から噴射されたガスに引火する様子を再現した実験映像です。制汗スプレーやヘアスプレーなど、スプレー製品には噴射するための高圧ガスとして可燃性ガスが封入されています。使用方法や廃棄方法を間違えると大きな火災や事故になりますので、危険性を正しく認識して火災や事故を防ぎましょう。

このページの情報発信元

消防局総務部総務課

千葉市中央区長洲1丁目2番1号 セーフティーちば5階

電話:043-202-1664

ファックス:043-202-1614

somu.FPG@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)