ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 総務局 市長公室 国際交流課 > 千葉市外国人総合相談窓口について

ここから本文です。

更新日:2020年3月23日

千葉市外国人総合相談窓口について

外国人市民数の増加

本市の外国人市民数は、2019年(平成31年)3月末で2万6,000人に達しました。また、新たな在留資格に伴い外国人材の受入れが始まり、今後もさらなる増加が見込まれています。

そこで平成31年4月より、多文化共生コンシェルジュの配置、相談員の対応言語数の拡充、翻訳タブレット端末の導入、従来の弁護士による法律相談に加え、社会保険労務士による労働相談の新たな実施など、相談窓口である千葉市国際交流プラザの機能強化を図り、多文化共生社会の実現にむけた対応を推進しています。

相談窓口

名称

千葉市外国人総合相談窓口

設置場所

千葉市国際交流プラザ(公益財団法人千葉市国際交流協会)(外部サイトへリンク)

千葉市中央区千葉港2-1 千葉中央コミュニティセンター2階

(開設時間)

月曜日~金曜日9時~20時、土曜日9時~17時 

※日曜日、祝日、年末年始はお休み

(相談受付方法)
  • 来所
  • 電話043-245-5750
  • Email:ccia@ccia-chiba.or.jp

相談窓口広報用チラシ(PDF:618KB)

(無料法律相談・労働相談)

外国人市民は、無料で「法律相談(弁護士)(PDF:286KB)」、「労働相談(社会保険労務士)(PDF:465KB)」を受けることができます。

※専門相談は事前予約制(先着順)

 

機能拡充の内容

  •  多様化・複雑化する外国人市民の生活相談に対応するために、新たに相談専門職員である「多文化共生コンシェルジュ」を配置しました。
  • 近年はベトナム人市民が増加傾向にあるため、ベトナム語スタッフを配置し、外国人相談員の対応言語が5言語になりました。
    (英語・中国語・韓国語・スペイン語・ベトナム語)
  • より多くの言語に対応できるように自動翻訳アプリを使用できるタブレット端末を導入しました。
  • 社会保険労務士による労働相談(月1回、無料)を始めました。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

総務局市長公室国際交流課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所3階

電話:043-245-5018

ファックス:043-245-5247

kokusai.GEM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)