ここから本文です。

更新日:2017年12月6日

LGBT(性的少数者)

LGBT(性的少数者)と言われる方々は、周囲の理解不足や偏見などにより、社会の中で様々な困難に直面しています。多様な性のあり方について、理解を広めていく必要があります。

千葉市では、誰もが個人として尊重され、それぞれの能力と個性を十分に発揮し、安心して充実した生活を送ることができるよう、LGBTに関する正しい情報の提供を行っていくとともに、理解促進のための教育や啓発活動を積極的に進めるほか、支援等に取り組んでいきます。

 LGBTとは?

LGBT:

レズビアン(Lesbian)=女性同性愛者

ゲイ(Gay)=男性同性愛者

バイセクシュアル(Bisexual)=両性愛者

トランスジェンダー(Transgender)=性同一性障害などで、心と体の性が一致しない人

の頭文字をとった単語であり、性的少数者の総称のひとつ。

 

「LGBTを知っていますか?」(情報誌「みらい」vol.32)

千葉市男女共同参画センター情報誌「みらい」vol.32(外部サイトへリンク)では、「LGBTを知っていますか?」をテーマとして特集しました。LGBTに関する基礎知識等が掲載されています。ぜひご一読ください。

 

 LGBTの方へ

相談したいとき

性同一性障害について、一次的に相談できる市の関係機関や民間の相談機関を案内しています。

詳しくは「「性自認」や「性的指向」についてお悩みの方へ」をご覧ください。

 

こんな制度があります

国民健康保険被保険者証の性別表記

心と体の性が一致しない「性同一性障害」などのやむを得ない理由から、被保険者証の表面に戸籍上の性別の表記を希望されない方は、ご本人からの申し出により、戸籍上の性別を裏面に記載した被保険者証を交付します。

詳しくは「国民健康保険被保険者証の性別表記について」をご覧ください。

 

公的証明書類における性別記載欄の廃止

公的証明書類における性別記載欄の廃止などについて、可能なものから対応を行っています。(平成25年度~)

平成29年度8月末時点で、印鑑登録証明書など全9件の公的証明書類の見直しを実施しました。

 

  LGBTの理解を深めたい方へ

市民向け講座

※平成29年度の講座は終了しました。

開催済みのもの

(千葉市男女共同参画センター)

 啓発・理解促進

  • 平成29年度人権週間(12月4日から10日まで)中、各区役所人権週間啓発ブースでLGBT啓発冊子等を配布します。
  • 市政だより平成29年12月号でLGBTへの理解促進に関する記事を掲載しました。

WEBアンケート

LGBTに関するWEBアンケートを実施しました。(平成27年12月、平成29年2月)

皆さまのLGBTについての理解度やご意見を掲載しています。

平成27年度WEBアンケート調査結果

平成28年度WEBアンケート調査結果

 

 その他LGBTに関する取組み

ちば男女共同参画基本計画・第4次ハーモニープラン」において、「LGBT(性的少数者)への理解促進と支援」を重点施策に掲げています。

千葉市では以下のような施策に取り組み、LGBTへの理解促進に努めています。

職員研修

職員研修会を実施したり、新規採用職員研修において人権に関する問題の一つとして取り上げ、理解を深めています。

 

職員向け福利厚生

性別が同一である者とパートナーシップを形成した職員が利用可能な休暇制度を新たに導入しました。(平成29年1月1日)

記者発表資料

 

九都県市首脳会議

第70回九都県市首脳会議において、「ダイバーシティの推進に向けた、LGBT・障害者への配慮について」の提案が合意に至り、LGBTへの適切な対応や支援、正しい知識の普及啓発等について、首都圏連合協議会において検討しています。

九都県市首脳会議ホームページ(外部サイトへリンク)

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部男女共同参画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5060

ファックス:043-245-5539

danjo.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)