ホーム > くらし・地域・手続 > くらし・生活・相談 > ペット・動物 > 譲渡 > 犬や猫の譲渡を希望される方へ > 新しい飼い主さんを待っている動物たちの情報(猫)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2022年5月19日

新しい飼い主さんを待っている動物たちの情報(猫)

千葉市動物保護指導センターの譲渡候補ねこを掲載しています。
※画像の無断転載を禁じます。

動物の譲渡のための寄付を募集しています。
詳しくはこちら(別ウインドウで開く)

 

 

仔猫

センターには春から秋にかけて、たくさんの仔猫が収容されます。
ここにいる仔猫たちは、「玄関先に夜のうちに段ボールに入った仔猫が置かれていた。」、「物置で野良猫が子供を産んで親だけいなくなった。」などの理由でつれてこられた、一度は人から必要とされなくなった不幸な仔猫です。
センターでは、より多くの命を救うために、できる限りの努力をしていますが、病気、怪我、幼弱などで、動物愛護の観点から安楽死せざるを得ない動物、治療の甲斐なく命を落とす動物も少なくありません。
不幸な猫をふやさないために、猫を飼っているかたはもちろん、外の猫をお世話されている方も、猫にはかならず避妊去勢手術を実施しましょう。

 

センター収容中の仔猫以外に離乳まで育成ボランティアに預けて育ててもらっている仔猫の譲渡を希望される場合は、こちらをご確認ください。

 

 

成猫

ここにいる猫たちは、負傷で動けなくなっているところを市民からの通報で収容した猫で元の飼い主さんが現れていない猫や、前の飼い主がどうしても飼えなくなったため、やむを得ずセンターに来ることになった猫です。
この猫たちには、新しい飼い主さんと共に幸せな生活が送れるよう願っています。そして二度とセンターに戻ってくることは望みません。

一つの大切な命。温かい家庭のもとで、家族の一員として迎え入れていただける方を募集しています。

☆猫エイズウイルス陽性・猫白血病ウイルス陽性の猫は、他の猫とどう違うの??

 

 

22020301(チロ)

22020301

chiro

種類:雑種
毛色:白
性別:おす
年齢:5~7歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陰性 猫白血病ウイルス:陰性
コメント:まだ警戒中ですが、ごはんが好きで人がいないときにこっそり食べています。

 

21112401(マイル)

21112401

mairu

種類:雑種
毛色:キジトラ
性別:おす(去勢手術済み)
年齢:3~5歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陰性 猫白血病ウイルス:陰性
コメント:ごはん大好き、しっかり体形のワイルド男子です!

 

21052103(しらぬい)

しらぬいくんの動画はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

shiranui

種類:雑種
毛色:キジトラ
性別:おす
年齢:5歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陰性、猫白血病ウイルス:陰性
コメント:シャイでちょっと人見知りしちゃいますが、ゴハン大好き!カリカリで大満足の食いしん坊!

21090104(ダリア)

ダリアくんの動画はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

21090104

daria

種類:雑種
毛色:黒白
性別:おす
年齢:15歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陽性、猫白血病ウイルス:陰性
コメント:抱っこ等、無理に何かをされることは苦手のようですが、おなかを見せて撫でてとアピールすることもあります。

21090107(リンゴ)

リンゴくんの動画はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

21090107

種類:雑種
毛色:キジトラ
性別:おす
年齢:12歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陽性、猫白血病ウイルス:陰性
コメント:まだ少し警戒心もありますが徐々に慣らし中。ごはんが大好きで鳴いてアピールしてきます。

 

21090108(マルメロ)

マルメロくんの動画はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

 21090108

 marumero

種類:雑種
毛色:黒白
性別:おす
年齢:6歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陽性、猫白血病ウイルス:陰性
コメント:少しビビりではありますが、触らせてくれます。おやつを見るとハリキリます。

 

21090110(ハギ)

ハギくんの動画はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

21090110

hagi

種類:雑種
毛色:黒
性別:おす
年齢:5歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陽性、猫白血病ウイルス:陰性
コメント:少し人見知りの様子もありますが、穏やかで小柄な子です。

 

21090111(サルビア)

サルビアくんの動画はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

21090111

sarubia

種類:雑種
毛色:黒
性別:おす
年齢:5歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陽性、猫白血病ウイルス:陰性
コメント:少しビビりですがナデナデ触られるのは、嫌いじゃありません。ニャ‼小柄な男の子です。

 

21090114(アズレア)

アズレアくんの動画はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

21090114

azurea

種類:雑種
毛色:黒
性別:おす
年齢:2歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陽性、猫白血病ウイルス:陰性
コメント:触らせてくれ、遊んでいると人の手に反応し楽しく遊んでくれます。ミャー‼

 

21090115(コスモス)

コスモスくんの動画はこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

21090115

kosumosu

種類:雑種
毛色:黒
性別:おす
年齢:7歳(推定)
予防歴:3種混合ワクチン、ノミダニ予防、内部寄生虫駆虫
猫エイズウイルス:陽性、猫白血病ウイルス:陰性
コメント:少しビビりですが、ナデナデ触られるのは、嫌いじゃありません。ニャーゴ‼ごはんが大好きで準備をしていると大声で鳴きます。

 

 

 

 ~猫エイズウイルス感染症と猫白血病ウイルス感染症について~

猫の感染症のうち、特に耳にすることの多い猫エイズウイルス感染症猫白血病ウイルス感染症。どちらも発症すると発熱や下痢、口内炎、免疫力の低下など似たような症状を示します。また効果的な治療法はなく、症状に対する抗生物質やインターフェロン投与などの対症療法となります。
センターで収容される猫のなかには、これらのウイルスをもともと持っている猫も少なくはありません。ですが、発症していない限りはウイルス陰性の猫と変わりなく、ご飯を食べ遊ぼー!!とおしゃべりしながら毎日元気に新しい飼い主を待っています。
まずは、これらの感染症のことをよく理解していただき、少しでもそのような猫たちに興味をお持ちいただければと思います。

 

そもそも他の猫とどう違うの?

 

 ウイルスを持っていたとしても、発症していない限りはウイルス陰性の猫と変わらない生活を送れます。特別な投薬や治療も必要ありません。
発症するまでの期間も数年から十年以上と猫によって異なり、なかには発症しないまま天寿を全うする猫もいます。室内でストレスなく飼っていただくことでより長く健康で過ごせます

 

どうやって感染するの?
もし感染したらどうなるの?

 

どちらもウイルスは血液や唾液等に存在し、ケンカの際の噛み傷から感染することがほとんどですが、毛づくろい食器の共有で感染することもあります。
猫エイズの場合、一度感染すると、生涯体からウイルスが排除されることはありません。数年から10年以上にわたる無症状の期間を経過した後、加齢による免疫力の低下により色々な症状が出ることがあります。
猫白血病の場合、感染しても免疫が有効に働けばウイルスが体外へ除去されることもあります。免疫が不十分だと、ウイルスを保有し続け、リンパ腫をはじめとした様々な病気を引き起こすこともあります。

 

ヒトやイヌにもうつるの?

 

うつりません。安心してください。

 

先住猫がいる場合に気を付けることは?

 

陽性の猫を迎え入れることでウイルスをうつしあう環境にさせてしまいます。陰性の先住猫がいる場合は、部屋を分けての管理食器類の使い分けは必要となりますので慎重に検討しましょう。

 

ウイルス検査はどのようにしているの?

 

 当センターでは、収容後1~2か月が経った生後6か月齢以降の猫でないと検査をおこなっておりません。これは検査する時期によっては正確な結果が出ないためです。検査には精度90%以上の専用の検査キットを使っております。

 

 

陽性の猫たちへの想いと願い

当センターにおいて収容される猫の多くはもともと外で生息していた負傷猫です。
ケガから回復しても、これらウイルスを保有していることが譲渡につながりにくいひとつの要因にもなって、長期間センターで新しい飼い主を待ちながら過ごしている猫たちもいます。
病気のことをよく理解し興味を持っていただくことで、1匹でも多くの猫が新しい家族のもと、しあわせに暮らしていけることを切に願ってます。

 

 

 

 

成猫のトップに戻る

 

 

犬・猫の譲渡のページへもどる

千葉市動物保護指導センターのトップページへもどる

このページの情報発信元

保健福祉局医療衛生部生活衛生課動物保護指導センター

千葉市稲毛区宮野木町445番地1

電話:043-258-7817

ファックス:043-258-7818

dobutsuhogo.HWM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)