• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年3月26日

北清掃工場の特長

公害防止設備の完備

施設建設にあたっては、公害防止を最重点目標として、各種の公害防止設備を導入しました。

1.大気汚染防止

ごみを燃やした時に発生するばいじん及び有毒ガスは、次のように除去されます。

  • ダイオキシンは低減策を講じた装置としています。
  • 反応蒸発塔及び反応集じん装置では、消石灰と特殊反応助剤を吹き込むことにより、塩化水素、硫黄酸化物を除去します。あわせて、反応集じん装置でばいじんも除去します。
  • 脱硝反応塔では、アンモニア水の吹き込みと触媒により窒素酸化物を除去します。

2.臭気防止

ごみの臭気は、次のように外部への流出を防止します。

  • ごみピット内の臭気は、燃焼用空気として焼却炉内に送り込み、高温熱分解により無臭化をはかっています。
  • プラットホーム出入口には、エアーカーテンを設けています。
  • ごみ収集車は、自動洗車装置できれいに洗浄してから工場を出ます。

3.水質汚濁防止

  • 飛灰は、セメントと混練固化し安定化をはかっています。
  • 工場排水は高度な排水処理設備で処理してから、大部分は再利用します。

4.騒音・振動防止

  • 各種機械類は、鉄筋コンクリートの部屋に納め、消音器、吸音壁、防振装置などにより、騒音防止・振動の防止をはかっています。

集中制御による自動化、安定化

  • 工場の運転は、コンピュータによるデジタル計装システムで制御され、中央制御室で集中監視しています。
  • 自動燃焼制御装置、異常診断装置、設備保全システムなども備えています。
  • ごみ・灰クレーンは全自動運転も可能とし、省力化をはかっています。

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物施設維持課北清掃工場

千葉市花見川区三角町727番地1

電話:043-258-5300

ファックス:043-258-5333

kita.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)