• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

落花生ができるまで

落花生のタネ(落花生の実です)

落花生の種は、普段私たちが食べている落花生の実です。写真で種からちょっと出ている白いものは芽です。これは、発芽の時期をそろえるためと発芽しない種を選別するため、発芽させています。

タネに薬をつけます

種はそのまま、まくのではなく薬をつけます。植えた後、種を狙うカラスやハトに食べられないようにするため、辛い成分を種につけているのです。

タネマキをします

写真では1粒ですが、1つの穴に発芽しなかった時のため、2,3粒まくこともあります。土の表面を覆う黒いシートは「マルチ」といいます。マルチは、保温、保水、保湿、雑草の防除、土・肥料の流出を防ぐ等重要な役割があります。

1週間から10日で発芽します

種をまいて1週間から10日ほどで芽が出ます。

タネマキから20日後、葉が生長しています

種まきから約20日後の様子です。 

タネマキから約30日後、だいぶ成長しました

だいぶ葉っぱが大きくなりました。 

タネマキから約40日後、花が咲く株もちらほら

花が咲く株も出てくる時期です。

下にひいてあるマルチ(黒いシート)をとりました

黒いマルチを取り除きます。取り除く理由は後程!

花がたくさん咲いています

この写真は種まきから約50日後です。1株に200~300の花が咲きます。最初の花が咲いてから、2ヶ月くらいの間に、咲いては枯れを繰り返したくさんの花を咲かせます。

花が枯れた後は、そこからしぼうへいが伸びてきます。

花が枯れると、子房柄(しぼうへい)がのびてきます。

しぼうへいがぐんぐんのびます

子房柄がぐんぐん太く長くのびていきます。のびた子房柄はこのあとどうなるのでしょうか。

しぼうへいが地面につきささります

のびた子房柄は土につきささり、地中へもぐっていきます。なので、マルチをあらかじめはがしておく必要があるのです。

土の中にささったしぼうへいの先がふくらみます、これが落花生になります

土の中の様子です。土に刺さった子房柄の先端がふくらんだものが、落花生の実になります。

土の中でぐんぐんと成長したしぼうへい、もう落花生の姿です

子房柄は土の中でどんどん大きくなりますが、落花生のお肌がツルツルなのがわかりますか?お店で売っている落花生はもっとシマシマです。この状態はまだ収穫には早いのです。

1株の中でもさまざまな大きさのしぼうへいがあります

同じ株でも、実の大きさが様々です。1つの株には200~300の花が咲きますが、すべてが同時期に大きくなるわけではないので、大きさがそろう落花生が一番多い時期に収穫を行います。

1本の枝にもさまざまな成長過程のしぼうへいがついています

1本の枝を見てもいろんな状態の落花生があることがわかります。

落花生が大きくふくらみ、表面の葉も茂ってきたころ、収穫を迎えます

そろそろ収穫の時期を迎えます。千葉市だと8月下旬から10月下旬頃までが落花生の収穫時期です。(品種は時期によって異なります) 

落花生は株を掘り取ります。(土からひっこぬくイメージです)

手で茎をつかみ、地面から引き抜くイメージで掘り取ります。品種によっては機械で掘れるものもあります。たくさん実がついていますね。このあと、殻つきのままゆでて、ゆで落花生としても楽しめます。

掘った落花生は煎り落花生となるため、地面に干します

収穫した落花生を乾燥させるために、掘った後裏返しをして1週間程度干します。これを「地干し」といいます。このあと、地干しした落花生を積んでさらに乾燥させます。ここでしっかり干しておかないとカビてしまいます。 

そして乾燥した落花生をつみあげて「ぼっち」をつくります

地干しした落花生を積んだものを「ぼっち」と言います。「ぼっち」でさらに1か月ほど乾燥させ、ゆっくりと水分を飛ばします。十分乾燥させたら、ぼっちを崩し、葉茎と実を分けます。お店で売っている落花生は、この実を煎ったものなんですよ。

落花生写真

 【落花生マメ知識】落花生の殻の表面の網目模様は、「維管束(いかんそく)」といい、水や栄養の通り道です。この維管束が茎や土からの水、栄養を全体に行きわたらせます。維管束がハッキリしたら生長したという合図なのです。

 

 

 

 

このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示-非営利-継承2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5757

ファックス:043-245-5884

nosei.EAA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)