ホーム > 市政全般 > 広報・広聴・市民参加 > 広聴 > ちばレポ(My City Report)

更新日:2024年5月24日

ここから本文です。

ちばレポ(MyCityReport)

ちばレポ(MyCityReport)とは

千葉市chibarepo_logo内で起きている様々な課題(たとえば道路が傷んでいる、公園の遊具が壊れているといった、地域での困った課題、これらを「ちばレポ」では「地域での課題」といいます。)を、ICT(情報通信技術)を使って、市民がレポートすることで、市民と市役所(行政)、市民と市民の間で、それらの課題を共有し、合理的、効率的に解決する仕組みです。

 

ちばレポのちらし(PDF:749KB)

chibarepo_chirashi_01chibarepo_chirashi_02

ちばレポ(MyCityReport)を利用するには

ちばレポ(MyCityReport)のダウンロード方法

スマホアプリ「MyCityReport」のダウンロードとレポーター登録をお願いします。

アプリのダウンロードはこちらから

MyCityReport(MCR)とは

東京大学が中心となり、複数の自治体等が実証実験に参画し、ちばレポをベースに開発したシステムです。2019年度から共同運営のコンソーシアムにより運営を開始しています。
複数の自治体で同じシステムを利用することにより、利用経費の削減を実現しています。

詳しくはMCRのホームページ(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)をご覧ください。

ちばレポ(MyCityReport)のユーザー登録方法

ちばレポ(MyCityReport)のユーザー登録方法」をご覧ください。

友だち登録してLINEからもレポートすることができます!

LINEの友だち登録をすることで、レポートすることができます。アプリのインストールや個人情報の登録が不要です。
(MyCityReportアプリと異なり、レポートの対応状況はご確認いただけません。)
LINEの友だち登録・レポート方法については「LINEによるレポート(ちばレポ)」をご覧ください。

パソコンからユーザー登録・レポートすることもできます!

詳細はパソコンからのレポートの詳細(PDF:1,191KB)(別ウインドウで開く)

レポート用WEBサイト(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

をご覧ください。

ちばレポ(MyCityReport)のレポート方法(こまったレポート)

こまったレポートとは、「道路が傷んでいる」「ベンチが壊れている」といった、まちでみつけた地域課題「こまった」をレポートする機能です。

レポート方法については「ちばレポ(MyCityReport)レポート方法(こまったレポート)」をご覧ください。

※その他のレポート方法については、以下をご覧ください。

レポート公開Webサイト

投稿されたレポートはこちらのWebサイトでも見ることができますレポート公開Webサイト(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

※現在対応しているブラウザは、PC版のChromeまたはFirefoxのみです。(InternetExplorerでは利用できません。Edgeは一部機能に制限があります。)

【Webサイトご利用の方へ】

Webサイトは、ちばレポで利用しているシステム「MyCityReport」の利用自治体すべてのレポートが表示されます。千葉市のみを表示したいときは、自治体選択ボタンから「千葉市」を選択してください。

もっと「ちばレポ」

 テーマレポート

テーマに沿ったまちの課題やまちの話題(トリビア等)をレポートし、情報共有する「テーマレポート」にもぜひご参加を。

詳しくは、「テーマレポート」をご覧ください。

 かいけつレポート

まちで発見した地域課題を自分で解決し、レポートすることもできます。

詳しくは「かいけつレポート」をご覧ください。

サポーター活動

地域での課題には、市民が自ら力を発揮して解決できる課題や、市民を市役所が協力することで解決できる課題があり、これらの課題をみなさん(サポーター)と協力しながら解決していきたいと考えます。

このサポーターによる課題解決のための活動を「サポーター活動」といいます。

詳しくは、「ちばレポサポーター活動」をご覧ください。

ちばレポに関するオープンデータを公開しています!

これまでのレポートや参加登録者などデータを、オープンデータとしてまとめました。

詳しくは「ちばレポに関するオープンデータを公開しています」をご覧ください。

企業等との連携協力

企業のCSR活動の一環として、「ちばレポ」を通じて地域課題の発見や解決に協力いただける企業や団体を紹介いたします。

詳しくはちばレポ連携協力をご覧ください。

ちばレポ教室

職員が町内自治会などを訪問し、ちばレポの登録や使い方の説明を行います。詳しくは「ちばレポ教室」をご覧ください。

ちばレポアンケートについて

ちばレポの現状と課題を把握するために、ちばレポアンケートを毎年実施しています。これまでのアンケート結果など、詳しくは「ちばレポアンケートについて」をご覧ください。

ちばレポに関する情報を発信しています。

緊急連絡先一覧

緊急な処置が必要な場合には、レポートではなく下記連絡先まで直接お電話にてご連絡ください。

 

このページの情報発信元

ちばレポ運用事務局
千葉市総合政策局市長公室広報広聴課内
〒260-8722
千葉市中央区千葉港1番1号
電話:043-245-5294
email:chibarepo.C@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する改善提案とは?