ここから本文です。

更新日:2016年3月11日

資源物(古紙・布類)の分け方・出し方

千葉市では、毎週1回、家庭ごみステーション(集積所)で、古紙・布類の分別収集を行っています。
(年末年始を除き、祝日も収集しています。)
正しい分別と、排出方法・排出日時を守り、ごみの減量・再資源化の推進にご協力をお願いします。
集団回収実施地域では、引き続き集団回収をご利用ください。

古紙排出時の様子

出す場所と時間

朝8時までに、地域で決められたごみステーション(集積所)へ出して下さい。

※収集作業は朝8時ちょうどから始めています。
ごみや資源物はその種類によって収集する業者が違います。
そのため収集する時間帯も異なりますので、必ず朝8時までに出すようにしてください。

分け方・出し方

※古紙の分け方・出し方については、雑がみ分別大作戦のページも参考にしてください。

6分別 品目 出し方 出せないもの
(1)新聞
  • 新聞紙
  • 折込広告
  • コピー用紙

紙ひも・ビニールひもで十文字にしばる

※個人情報部分は切り取る・塗りつぶすなどして出してください。
※新聞・雑誌・紙パックについて…紙袋には入れず十文字にしばって出してください。
※雑がみについて…小さな雑がみは紙袋に入れ、紙袋の上からひもで十文字にしばって出せます。
(紙袋の持ち手部分が紙以外の場合は取り除いてください。)

紙袋での雑がみの出し方
紙袋での出し方
ビニール袋では出せません!

※段ボールについて…箱のまま・箱詰めされた状態では収集できません。
粘着テープ類やカーボン紙(宅配伝票など)は取り除いてください。

×アイロンプリント紙
×複写用紙
×匂いがついた紙
×感熱紙
×汚れた紙
×シュレッダー処理した紙
×水に溶けない紙
×和紙全般
新聞の出し方
(2)雑誌
  • 雑誌

  • パンフレット
雑誌の出し方
(3)雑がみ
  • 包装紙
  • 紙袋
  • 紙箱
  • 台紙
  • ダイレクトメール
雑がみの出し方
(4)段ボール
  • 段ボール
    (アルミでコーティングされたものは除く)
ダンボールの出し方
(5)紙パック
  • 牛乳やジュースなどの紙パック
    (アルミでコーティングされたものは除く)
洗って開いて乾かしてから、ひもで十文字にしばる
紙パックの出し方
(6)布類
  • ブラウス
  • 毛糸衣類(既製品)
  • 毛布
  • デニム
    など

洗濯し清潔にして、透明袋(可燃・不燃ごみ旧指定袋を含む)に入れる

※新指定袋で排出されますと、収集担当者が袋の中身を確認しづらいため、新指定袋以外の透明袋での排出にご協力をお願いします。
※可燃ごみとして布類を排出する場合には、旧指定袋はご使用いただけませんので、ご注意ください。
※個人情報部分は塗りつぶすなどしてから出してください。
(切り取らないでください。ハサミで切ったものはリサイクルできません!)
※制服は出せません。学区内での再利用または区役所に設置しているリサイクル情報コーナーをご利用ください。

雨天時は出せません。また、収集されるまでに雨が降りそうな日も次回の収集日に出してください。

×ユニホーム類
×作業着、運動着
×布団類
×革製品
×フリース
×じゅうたん
×ぬいぐるみ
×電気毛布
布類の出し方

※出せないものについては、可燃ごみ・粗大ごみとして適切に処理してください。

収集できない古紙・布類

出し方のルールが守られていないものは回収されません!!

ルール違反を知らせる警告シール

!警告シール!
出し方にルール違反があると、このような警告シールをはり、回収はしません。
該当する理由にチェックがされていますので、出した人は持ち帰り、次回の収集日に正しい出し方で出し直してください。

(1)箱につめられたもの

ダンボールに入れられた、雑誌・雑がみは回収しません

段ボールに入れられた新聞・雑誌

ダンボールに入れられたダンボールは回収しません

段ボールにつめられたダンボール

→このままでは回収できません!
古紙はひもでしばられたものをトラックに種類ごとに積んで運んでいます。
運搬中に風や振動で飛ばされたりこぼれ落ちれば、事故につながるおそれがあります。
また、古紙は種類ごとに再生される製品が違うので、必ず種類ごとに分別し、ひもで十文字にしばって出してください。

(2)レジ袋や可燃ごみ指定袋に入れられたもの

指定袋に入れられた雑がみは回収しません 指定袋に入れられた段ポールは回収しません レジ袋に入られた紙パックは回収しません

可燃ごみの指定袋に入れられた雑がみや新聞、レジ袋に入れられた紙パック
→このままでは回収できません!

ビニール袋に入れられたものは、とてもかさばり、効率よく運搬することができません。
古紙は雨の日でも回収していますので、必ずひもで十文字にしばって出してください。
(布類は雨の日は回収していません。)

(3)たたまれていないもの

箱の形のままで出された雑がみは回収しません

箱のままで出された雑紙

→このままでは回収できません!
効率よく運搬するため、箱状のものは必ずたたんでから、ひもでしばってください。

収集日

週1回

お住まいの地区の収集日を調べる

お問い合わせ先

古紙・布類リサイクルお問い合わせセンター TEL:043-223-7767
収集業務課 TEL:043-245-5246

このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

環境局資源循環部収集業務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5246

ファックス:043-245-5477

shushugyomu.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)