ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 消防局 > 消防局総務部人事課 > 千葉市消防局における女性の活躍情報の「見える化」

ここから本文です。

更新日:2019年9月20日

千葉市消防局における女性の活躍情報の「見える化」

女性の職業選択に資する情報の公表について

女性活躍推進法第17条に基づき、女性の職業選択に資する情報を次のとおり公表します。

1.採用した職員に占める女性職員の割合、採用試験の受験者の総数に占める女性割合

【平成30年度】

2019mieruka1-2

 

【過去3年間の平均(平成28~30年度)】

2019mieruka1-1

 

現在、千葉市消防局では女性の受験者数を増やすため、女子大学への訪問活動や、女性専用ポスターを活用した広報活動等を行っております。

 

2.職員一人当たりの各月ごとの超過勤務時間

【平成30年度】

  • 超過勤務の状況(月平均時間)18.6時間

 

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現のために、職員の月60時間以上を超える時間外勤務を原則禁止するとともに、年間の時間外勤務の上限360時間を超えないよう、長時間労働の制限をしています。

3.管理的地位にある職員に占める女性職員の割合

【平成31年4月1日現在】

※現在、管理的地位(地方公務員は本庁課長級以上の職員)にある女性職員はおりません。

4.職員の女性の割合、各役職段階の職員の女性割合

【平成31年4月1日現在】

  • 4.3%(女性消防吏員40人/消防吏員936人)

2019mieruka2-3

 

 

現在、女性の管理職員はおりません・・・
今後は、多様なロールモデルやキャリアパス事例を増やすことで、管理職登用に対する抵抗感の払拭・意識付けを図ると同時に、多様なポストへの女性職員の積極的配置を行っていきます。

 

 

5.男女別の育児休業取得率【平成30年度】

女性職員の育児休業取得率

  • 取得率100%(4人/4人)

男性職員の育児休業取得率

  • 取得率20%(12人/60人)

【参考】平成29年度男性職員の育児休業取得率5%(2人/40人)

女性職員の育児休業取得率は100%となっております。
また、男性職員の育児休業の取得実績もまだ十分とは言えないものの昨年度に比べ増加しております。
今後も男性職員に対する育児休業の取得推進にも取り組んでまいります。

6.男性職員の配偶者出産休暇及び育児参加のための休暇取得率【平成30年度】

男性職員の配偶者出産休暇

(取得対象期間・・・妻の出産に係る入院等の日から出産後2週間以内まで)

  • 取得率85.0%(51人/60人)

男性職員の育児参加のための休暇

(取得対象期間・・・妻の分べん予定日以前8週間目の日から分べん日の後8週間目の日まで)

  • 取得率58.3%(35人/60人)

 

ワーク・ライフ・バランスの実現を図る上で、夫婦・家族間、職場での協力体制は必要不可欠です。千葉市消防局では、男性職員による上記2種類の休暇の取得率を100%にすることを目標としています。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現のためにも、男性職員の育児等への関与をさらに推進していきます。

 

千葉市消防局における女性活躍推進に向けた数値目標

mokuhyou

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

消防局総務部人事課

千葉市中央区長洲1丁目2番1号 セーフティーちば5階

電話:043-202-1643

ファックス:043-202-1645

jinji.FPG@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)