ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > その他障害者福祉 > 障害者への合理的配慮の提供を容易にする取組みのモデル実施(幕張新都心・バリアフリーコミュニケーション)を行っています!

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年11月12日

障害者への合理的配慮の提供を容易にする取組みのモデル実施(幕張新都心・バリアフリーコミュニケーション)を行っています!

障害のある人が外出した際などで困った時に、手助けや配慮がスムーズに提供される工夫として「合理的配慮の提供を容易にするマーク」を検討しています。

そこで、このマークの効果について、実際に使ってみた皆さんの声を集めることにしました

参加は自由です。幕張新都心地区などの協力企業の窓口で、困った時は、気軽に「ヘルプカード」を提示して文字マークを見せてみてください。

「ヘルプカードに文字マークを貼って幕張新都心に行こう!」

<ヘルプカードの作成例(足の不自由な方の場合)>

ヘルプカード表(JPG:35KB) ヘルプカード裏面の例(PNG:32KB)

モデル実施概要(期間:11月12日から11月30日、場所:モデル実施協力企業

<障害などのある方>

1.千葉県が作成した「ヘルプカード」の裏面に、今回提案する下記の文字マークを貼り、余白に配慮や手助けして欲しいことについて、簡単な説明を記入してください。

※1「ヘルプカード」は、千葉県内の各市町村障害保健福祉窓口、または各健康福祉センター窓口などで配布しています。ヘルプカードの配布については、千葉市での配布はこちらのページへ、千葉市以外の千葉県内での配布はこちらのページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

※2「ヘルプマーク(ストラップ型)」やヘルプマークが掲載されたカードでも参加OKです。

※3 切り貼り用の「文字マーク」のデータは、こちらをクリックしてください。(PDF:194KB)

☆合理的配慮の提供を容易にする9つのマーク(文字マーク)

9つのマーク

(PDF:194KB)

2.モデル実施の期間中(11月12日から11月30日)に、幕張新都心地区などの協力企業の窓口で、困った時は、気軽にヘルプカードを提示して文字マークを見せてみてください。⇒協力企業の一覧はこちらのページへ

3.モデル実施への評価を、アンケートフォームに入力してください。⇒アンケートフォーム(障害者用)はこちらのページへ(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

<協力企業等の従業員の方>

1.障害のある方などから、ヘルプカードを提示されたら、裏面の文字マークなどを見て、「○○ですね。○○しましょうか。」などと声をかけてください。

2.障害のある方のニーズを聞きながら、必要な支援(手助けや配慮など)の提供をお願いします。
※事前にSTEP1「合理的配慮の提供を容易にするマーク ~主な合理的配慮の事例~」(PDF:585KB)をご一読ください。⇒STEP1はこちらをクリック(PDF:585KB)

3.モデル実施への評価を、アンケートフォームで回答してください。⇒アンケートフォーム(協力企業等の従業員用)はこちらのページへ(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)


注意

ヘルプカードは障害者手帳に代わるものではありません。
そのため、各種の利用料の割引などについては、これまでどおり障害者手帳をご提示ください。

資料

モデル実施の経緯

ヘルプマークの普及にあわせた検討


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局高齢障害部障害者自立支援課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所本庁舎1階

電話:043-245-5175

ファックス:043-245-5549

shogaijiritsu.HWS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)