• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年8月20日

介護人材確保対策に関する情報

介護分野で就労を希望されている方へ(求人情報)

千葉市老人福祉施設協議会、千葉県福祉人材センターのホームページにおいて、求人情報が掲載されています。
就労先をお探しの方は参考にしてください。

研修受講費用の助成について

千葉市介護職員初任者研修受講者及び介護福祉士実務者研修受講者支援事業

令和3年度の受付期間は、2021年6月1日(火曜日)から2022年2月28日(月曜日)までです。

イベントの実施について

介護に関する入門的研修

介護に関する入門的研修は、より多くの方が介護について知る機会とするとともに、介護分野で働くことへの不安を払拭し、多様な人材の確保を目的として実施するものです。

2021年10月7日(木曜日)まで受講者を募集しています。

千葉県の支援制度

千葉県介護人材確保対策事業実施事業者の募集

千葉県では、介護人材の確保を図るため、「介護人材確保対策事業」を実施する団体を募集しています。詳しくは「千葉県介護人材確保対策事業実施事業者の募集(千葉県)のページ」(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)をご参照ください。

期待しています!シニア人材

「期待しています!シニア人材事業」は、シニア世代の方に「介護職員初任者研修」及び「生活援助従事者研修」の受講料を一部補助し、介護施設等で「介護の仕事」に触れていただき、介護職として就労することを支援します。詳しくは「期待しています!シニア人材事業(千葉県)」のページ(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)をご参照ください。

千葉県外国人介護人材支援センター(千葉県社会福祉協議会受託事業)

千葉県外国人介護人材支援センターは、介護現場で働く外国人スタッフや介護職を目指す留学生、受け入れ側の施設からの相談・支援を行います。詳しくは「千葉県外国人介護人材支援センター(千葉県福祉人材センター)」のページ(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)をご参照ください。

千葉県福祉人材センターの支援制度

介護福祉士等就学資金貸付制度

介護福祉士修学資金等貸付制度は、千葉県社会福祉協議会が「貸付規定」及び「運営要領」に基づき、介護福祉士・社会福祉士をめざし「各養成施設」に在学し、卒業後に千葉県内の社会福祉施設等において、介護または福祉に関する相談援助業務に従事しようとする方に対し、修学にかかる費用の貸付を行い、サポートすることを目的につくられた制度です。

また、貸付を受けた修学生は、養成施設等を卒業後原則1年以内に、介護福祉士及び社会福祉士の登録を受けて、千葉県内の社会福祉施設等で継続して5年間、介護等の業務又は福祉に関する相談援助業務に従事した場合には、千葉県社会福祉協議会に申請することによって借り受けた修学資金の返還が免除されます。

卒業後1年以内に、介護福祉士等の登録を受けなかったり、千葉県内の施設等で介護等の業務又は福祉に関する相談援助業務に従事した期間が継続して5年間に達しなかった場合等については、修学資金の返還をしなければなりません。

介護福祉士実務者研修受講資金貸付制度

介護福祉士実務者研修受講資金は千葉県において介護福祉士の人材確保を図るため、介護福祉士実務者研修施設に在学し、卒業(修了)後、介護福祉士の資格を取得し、千葉県内において介護等の業務に従事しようとする方に、無利子で貸し付けする資金です。
介護福祉士実務者研修施設を卒業(修了)した日又は業務に従事する期間が3年に達した日のいずれか遅い日から1年以内に、介護福祉士の資格を取得し資格登録を行って、千葉県内において介護福祉士の受験範囲に定める介護等の業務に従事し、引き続き2年間従事した場合は返還債務の全部を免除するほか、一定の事由に該当する場合は、返還債務の全部又は一部が免除される場合があります。

介護人材再就職準備資金貸付制度

介護人材再就職準備資金貸付制度は、離職した介護人材が介護職員として千葉県内で再就職する際に、再就職活動に必要となった費用を40万円以内で無利子で貸付することにより、介護人材の確保・定着等に繋げることを目的とします。

なお、再就職の日から千葉県内で2年間、引き続き介護施設・事業所において業務に従事した場合には、その返還が免除されます。

介護の資格届出制度

社会福祉法改正により、2017年4月1日から介護福祉士の資格をお持ちの方で、お仕事をされていない方は、都道府県福祉人材センターに届出ることが努力義務となりました。
また、努力義務ではありませんが、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、旧ホームヘルパー養成研修1級・2級課程、旧介護職員基礎研修を修了された方も届出ることができます。

都道府県福祉人材センターに届出、登録していただくことで、介護に関わる最新情報の提供や研修によるスキル維持・向上のサポート、就職の意向をもったときには、最適な就業場所を紹介するといった福祉人材センターによるサービスを継続して受けることができます。

その他のお知らせ

介護プロフェッショナルキャリア段位制度

介護プロフェッショナルキャリア段位制度は、一般社団法人シルバーサービス振興会が実施している、介護現場でのOJT・評価を通じて、実践的スキルの定着を図る人材育成のプログラムです。食事介助・排泄介助といった基本介護技術をはじめ、感染症対策、地域包括ケアシステムへの取組など、介護職員の実践スキルを評価するとともに、実践スキルとして「できない」と評価されたことを確実に「できる」ようになるよう、OJTツールとして活用して、介護職員の更なる資質向上を図っていただくことを目指しています。
詳細は「介護プロフェッショナルキャリア段位制度のページ(一般社団法人シルバーサービス振興会)」(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)をご参照ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局高齢障害部介護保険管理課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階

電話:043-245-5064

ファックス:043-245-5623

kaigohokenkanri.HWS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)