ホーム > 講座・イベント > 講座 > 令和2年度 千葉氏公開市民講座

更新日:2020年11月1日

ここから本文です。

令和2年度 千葉氏公開市民講座(誌上講演)「武家社会確立期の権力と権威 -千葉氏をはじめとした東国武士の動向から読み解く-」

 本講座では、鎌倉時代初期の武家社会が確立する過程で、千葉氏をはじめとした東国武士が、幕府内の「権力」闘争や京都の朝廷という「権威」とどのように向かいあい、受け入れ、武士の世を創っていったかを2つの講演から読み解きます。

 今年度は会場での講演会ではなく、千葉氏ポータルサイト上に講演録を掲載する「誌上講演」形式で実施いたします。講演録はどなたでもご覧いただけます。

講演1 和田合戦と千葉一族

鎌倉時代後期に傑出した歴史認識を有した日蓮によれば、鎌倉時代に北条氏が台頭する重要なステップとして、承久3年(1221年)の承久の乱とともに建暦3年(1213年)の和田合戦を重視しています。
講演では、和田合戦前後の政情を明らかにするとともに、合戦における千葉一族の活躍とその背景を考えます。

講師:山本みなみ氏(鎌倉歴史文化交流会館 学芸員)

講演2 東国武士と京都の文化 -官職・武芸・和歌-

関東を含む東国は、決して独立国家のような姿だったわけではなく、多様な価値観を巧みに取り込み生き残っていったことがすでに多くの研究で明らかになっています
講演では、千葉氏をはじめとした東国武士が、公家政権を擁する京都の文化を受容し活用していったのかを「官職」「武芸」「和歌」などの視点から考えます。

 講師:小出麻友美氏(千葉県立中央博物館 研究員) 

講演録の公開

  • 講演録は千葉氏ポータルサイトで公開中です。

千葉氏ポータルサイトのページへ

  • 講演録の冊子は、11月1日(日曜日)より、当館にお越しいただいた方で、希望する方お1人につき1冊を上限に先着順で配布しています(部数に限りがあります)。当館1階受付で「千葉氏講座講演録の配布を希望する」旨、お申し出ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?