ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 健康 > 運動習慣 > 健康づくりのための運動自主グループ > 健康づくりのための運動自主グループの紹介(若葉区)

ここから本文です。

更新日:2021年7月13日

●若葉区のラジオ体操の活動紹介●

 

若葉区では、ラジオ体操を通じて、区民の皆様の健康づくり・街づくり・地域づくりの推進を目指しています。
区内48か所でラジオ体操グループが活動しており(令和3年4月現在)、市内で一番ラジオ体操が盛んな区です
ラジオ体操は、たった3分で出来る全身運動で、いつでも、どこでも、誰とでも、一人でも、行うことが出来ます

 

ぜひ、皆さんもラジオ体操を始めてみませんか?

●参加者求む! ラジオ体操ワークショップ~キミもラジオ体操マスター!~●

若葉区では、区内在学の小学生を対象に、「若葉区はラジオ体操区」の普及啓発のためにワークショップを開催します。
詳しくは、こちら(PDF:1,085KB)をご覧ください。 

●ラジオ体操を継続するためのポイント●

ラジオ体操を毎日継続することで、区民の皆様の健康づくりに繋がります。

三日坊主にならないために、ラジオ体操を継続するためのポイントを3つ紹介します。

1.ラジオ体操を行った日を記録する。
ラジオ体操を行った日を「見える化」することで、継続のモチベーションになります。

健康課では、ラジオ体操啓発カレンダーを作成し、無料配布を行っております。

地域の施設(公民館・子育て支援施設等)にも配布しているので、ぜひご活用ください。

ラジオ体操啓発カレンダー(表紙)(PNG:211KB)

ラジオ体操啓発カレンダー(内側)(PNG:172KB)

 

2.ラジオ体操グループに参加する。
一人で継続するのは、難しいことも、地域の仲間と一緒にすることで継続できるかもしれません。

活動場所や実施日時も様々なので、自身の生活に合ったラジオ体操習慣を取り入れるのもよいですね。
ラジオ体操グループの活動の様子はこちら。(外部サイトへリンク)

●ラジオ体操グループ一覧●こちら(PDF:56KB)をご覧ください

★ラジオ体操グループに参加する前に確認してほしいこと★

参加前に各自で検温をしましょう。体調が悪い場合は参加を見合わせましょう。

身体的距離の確保

・人との間隔は、2メートル(最低1メートル)あけましょう。

・室内で行う場合は、窓を開けて十分な換気をしましょう。

・特にラジオ体操実施前後の会話等、人が集まりやすいときに気を付けましょう。

マスクを着用しましょう。

家に帰ったら、まず手や顔を洗いましょう。手は水と石鹸で丁寧に洗いましょう。

夏は、マスク着用による熱中症に気を付けましょう。熱中症予防について、以下のリンクを参考にご覧ください。

厚生労働省HP「新しい生活様式」の実践例(外部サイトへリンク)

厚生労働省HP「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントをまとめました(外部サイトへリンク)

 

●ラジオ体操はいつでもどこでもできる体操です

ラジオ体操はラジオ体操会場だけでなく、ご自宅でもできる体操です。

以下のリンクにラジオ体操を含むご自宅でできる体操の動画がありますので、ぜひご覧ください。

千葉市HP健康を守るために、自宅で体を動かしましょう

 

●運動グループ一覧(ラジオ体操以外)●

  グループ名 拠点となる場所 日時

1

若葉ウオーキングクラブ

都賀コミュニティーセンター

(集合場所は変更されることがあります)

月曜日午前8時45分

2 城北公園太極拳の会 城北公園 毎日6時10分~6時30分

ウオーキング夫婦

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

若葉保健福祉センター健康課

千葉市若葉区貝塚2丁目19番1号

電話:043-233-8714

ファックス:043-233-8198

kenko.WAK@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)