ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

救急車のサイレンについて

緊急自動車はサイレンを鳴らす必要があります。

救急車は一刻も早く傷病者を医療機関へ搬送するため、道路交通法に定められた緊急自動車として運行しています。

救急車に限らず、緊急自動車はサイレンを鳴らし、赤色灯をつけなければならないと定められています。

サイレンを鳴らすのは、安全性の確保のためにも必要不可欠なものです。

ご理解とご協力をお願いします。

 

<根拠法令等の規制>

(1)道路交通法施行令第13条(緊急自動車)

(2)道路交通法施行令第14条(緊急自動車の要件)

救急車サイレン吹鳴

 

 

このページの情報発信元

消防局警防部救急課

千葉市中央区長洲1丁目2番1号 セーフティーちば6階

電話:043-202-1657

ファックス:043-202-1659

kyukyu.FPD@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)