ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > その他市政情報 > ようこそ市長室へ > 新型コロナに関するメッセージ(まん延防止等重点措置の延長・64歳以下の市民の皆様への接種券の送付)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年6月21日

新型コロナウイルスに関する市長メッセージ(まん延防止等重点措置の延長・64歳以下の市民の皆様への接種券の送付)

令和3年6月21日

まん延防止等重点措置の延長

18日に県の新型コロナウイルス感染症対策本部会議に出席し、その後に市の新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。千葉市にはまん延防止等重点措置が7月11日まで延長されることになりました。千葉市内の感染者数は市民や事業者の皆様のご協力により拡大局面にはなく、過去1か月間ステージ3の水準以下で推移していましたが、感染者数が横ばいであること、東京都との往来があり鉄道等で結びつきの強い、市川、船橋、習志野も感染者数が下げ止まっていないこと、隣接し生活圏も重なる市原、君津で感染者数の増加が著しいことから、千葉県湾岸エリアで面として対応する点を考慮すれば、千葉市に適用が継続されることはやむを得ないと考えます。

(週報)https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/covid-19/documents/20210617_corona_shuho.pdf

対策は基本的に継続されますが、今回、段階的に緩和していく考え方から、宴会が解禁されるものではないものの、感染防止対策が取られた店舗において「19時まで、同時入店2人まで、90分まで」酒類提供が認められることになりました。
また、重点措置の延長に合わせて、
・市施設の20時以降の利用停止を継続
・幅広い業種を対象とする市の月次支援金(売上の20~50%未満減少した事業者を対象)を7月分まで延長して、県の新たな協力金と併給を可とすること
・千葉県と連携して実施している飲食店認証モデル事業の申請を促進し、県市での検証作業を進めること
・「生活困窮世帯に対する支援金」を迅速に支給するための必要経費と「12歳以上に対象が拡大したワクチン接種」の必要経費を開会中の市議会に追加提案すること
について市役所内の担当部署へ指示しました。


これまでの間、市民の皆様には我慢をお願いし、感染防止対策にご協力をいただいていることに感謝していますが、変異株への置き換わりが進み、リバウンドを起こさないために、大変心苦しいのですが、引き続き基本的な感染対策の徹底をお願いいたします。

 

64歳以下の市民の皆様への接種券の送付

●接種券を6月24日から年齢区分ごとに発送します。

60~64歳 6月24日(木曜日)発送 6月26日(土曜日)までに配達完了

50~59歳 7月5日(月曜日)発送 7月10日(土曜日)までに配達完了

12~49歳 7月9日(金曜日)発送 7月16日(金曜日)までに配達完了
※12歳の方については、6月生まれまでの方に発送し、平成21年7月1日以降に生まれた方は誕生月の翌月中旬に発送します。

●「集団接種」の予約開始時期と対象者は、
(1)7月15日(木曜日)からは、
・50歳から64歳の方のうち基礎疾患をお持ちの方と高齢者施設等の従事者の方(高齢者施設等には、訪問介護、通所介護などの介護保険サービス事業所、障害福祉サービス事業所が含まれます。)
(2)7月20日(火曜日)からは、
・49歳以下の方のうち基礎疾患をお持ちの方と高齢者施設等の従事者の方
・60歳から64歳までの方
(3)上記以外の12歳から59歳の方は決定次第お知らせします。

●「個別接種」の予約開始時期は、集団接種の予約開始時期を目安として各医療機関が定める時期とします。そのため集団接種の予約開始時期と前後するほか、12歳から59歳の予約についても集団接種の予約開始前に予約を始める医療機関もあります。医療機関ごとの予約開始時期は別途市ホームページや新聞折り込みでお知らせします。

●また、イコアス千城台での集団接種については、予約枠に空きが出ていますので、27日までの予約枠については、年齢にかかわらず高齢者施設の従事者、訪問介護や通所介護などの介護保険サービス事業所の従事者を対象にして、市から各施設に接種希望の照会をしています。また予約状況を見ながら障害福祉サービス事業所の従事者にも同様の照会を行っていきます。いずれも接種券到着前でも接種できるようにします。

●千葉市独自の優先接種対象の職種について現在検討中です。決まり次第お知らせします。

●これまで各区役所に高齢者ワクチン接種予約方法相談窓口を置いていましたが、広く市民を対象とする対面の相談窓口として、7月30日まで開設を延長します。接種が可能な医療機関などをご案内します。

●「申し出により個別に接種券を発行しないのか」、「基礎疾患がある市民に接種券を優先的に送付しないのか」という問合せをいただいています。
7月末までの高齢者接種に続く形で、64歳以下の方に当初は7月下旬までに接種券を送付することにしていましたが、できるだけ早くお届けするため、前倒して約61万通の印刷封入作業を開始し、6月下旬から順次発送して遅い方でも7月中旬までには届くようにしました。自衛隊のセンターでの一般接種は前倒し作業開始後の急遽の決定だったため、これ以上前倒して接種券をお送りするのは作業上不可能な状況です。
これに加えて申し出による個別発送を実施する場合、一斉に申請が行われコールセンターや窓口への負荷が著しくかかること、24日以降に順次始まる64歳以下の方々への相談にも支障が生じることが想定されたため、個別発送は行わず広く64歳以下の方への接種券を出来るだけ早期にお送りすることを優先いたしました。また、仮に実施しても体制づくりの時間や発行してお手元にお届けするまでの時間が一週間以上かかると見込まれ早期発行の効果は限られると考えています。
基礎疾患のある方への優先接種につきましては、年齢区分ごとに一斉に接種券をお送りしたうえで、集団接種の予約受付を早い時期(7月15日又は7月20日〜)に設定することで、65歳以上の高齢者に続く優先接種を行うこととしています。ご理解いただきたいと思います。
長文にお付き合いいただきありがとうございました。


新型コロナウイルス感染症に関する情報(特設ページ)

https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/kansensyoujyouhou.html

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)