ここから本文です。

更新日:2019年2月8日

縄文の森特別緑地保全地区

縄文の森特別緑地保全地区

縄文の森特別緑地保全地区
坂月川両側の水田及び樹林地

地区の概要

千葉都市モノレール小倉台駅の南西約0.5km、二級河川「坂月川」沿いの低湿地及び斜面林です。
坂月川の両側の水田や、里山の景観を残す樹林地等で構成されており、優れた自然的景観とともに、市民の環境保全活動や自然観察の場として親しまれています。
また世界最大級の規模を誇る「加曽利貝塚」と一体的に、歴史・文化・自然を楽しめる「縄文の森」づくりを目指しています。

  • 指定区域:千葉市若葉区小倉町、加曽利町、桜木2丁目及び桜木8丁目の各一部の区域
  • 指定面積:約22.0ha
  • 指定年月日:平成22年2月26日

計画図

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局公園緑地部公園管理課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティーセンター9F

電話:043-245-5776

ファックス:043-245-5886

kanri.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)