ここから本文です。

更新日:2020年11月5日

洪水浸水想定区域図

洪水浸水想定区域図

千葉県では一級河川の内で千葉県知事が管理している河川及び二級河川で、洪水により相当な損害を生じるおそれがあるものとして指定した河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、水災による被害の軽減を図るため、当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定しています。

千葉県「洪水浸水想定区域図」へのリンク(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

洪水ハザードマップ

平成17年に改正された水防法において、洪水時の住民の迅速かつ円滑な避難行動のため、河川管理者による主要な中小河川の浸水想定区域図の作成・公表と市町村による洪水ハザードマップの作成・配布が義務づけられました。

洪水ハザードマップは、浸水の情報及び避難に関する情報を事前に提供することにより、洪水災害時の人的被害を防ぐこと及び安全な避難を主な目的としています。

千葉市地震・風水害ハザードマップ(WEB版)

ホームページ上で、洪水を含めた各種災害のハザードマップを閲覧できます。

注意

洪水ハザードマップがない河川でも、洪水が発生する恐れはありますので、大雨の際には防災ポータルサイトなど各種災害情報をご確認ください。
・千葉市防災ポータルサイト(別ウインドウで開く)

なお、千葉市のWebアプリケーションではありませんが、株式会社ウェザーニューズが千葉市、千葉県及び国土交通省が保有するデータを活用して作成した「ICT防災マップ」では、市内の道路冠水・建物等浸水の履歴などを地図上でご覧いただけます。参考にしてください。
・ICT防災マップ(別ウインドウで開く)

このページの情報発信元

建設局下水道建設部都市河川課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所7階

電話:043-245-5392

ファックス:043-245-5574

toshikasen.COC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)