ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 建設局 > 建設局下水道企画部下水道経営課 > 千葉市下水道事業の主な事業効果(ストック効果)

ここから本文です。

更新日:2022年4月15日

千葉市下水道事業の主な事業効果(ストック効果)

下水道事業の事業効果(ストック効果)とは

下水道は居住環境の改善や公衆衛生の向上を図るとともに河川、湖沼、海域等の公共用水域の水質保全を図る目的で整備されていますが、整備された施設が供用されることで、その地域の生活の質を向上させる効果や地域活性化に寄与するなど長期にわたってもたらす効果(ストック効果)も併せて発揮しています。

主な事業効果事例(ストック効果事例)

1.「安全・安心のまちづくり」のために(PDF:244KB)

(中央雨水1号貯留幹線整備事業:浸水対策)

2.下水道施設の高度処理化による海辺活性化へ(PDF:785KB)

(下水処理場の高度処理化:地震対策、水質保全)

 

建設局の主な仕事のページへもどる

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

建設局下水道企画部下水道経営課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所7階

電話:043-245-5405

ファックス:043-245-5563

keiei.COP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)