ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > 広域行政 > 国への提言活動と千葉県から本市への権限移譲の取組

ここから本文です。

更新日:2019年5月7日

国への提言活動と千葉県から本市への権限移譲の取組

国への提言活動等

本市では、国に対して独自に要望を実施しているほか、九都県市首脳会議や指定都市市長会等の団体を通じて、国に対して地方分権改革の推進に向けた提言活動等を行っています。

千葉県から本市への権限移譲の取組(事務処理特例制度について)

本市では、国の地方分権に係る取組とは別に、市民サービス向上のため、千葉県との間で事務処理特例制度による権限移譲を進めています。
この制度は、都道府県知事の権限に属する事務の一部を、都道府県の条例により市町村が処理することとするもので、平成12年に地方自治法が改正されたことにより創設されました。
本市が移譲を受けている事務については、千葉県市町村課のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

その他、関連リンクへ進む
地方分権トップページへ戻る

このページの本文エリアは、クリエイティブ・コモンズ表示2.1日本ライセンスの下、オープンデータとして提供されています。

このページの情報発信元

総合政策局総合政策部政策調整課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5058

ファックス:043-245-5476

chosei.POC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)