ホーム > くらし・地域・手続 > 安全・安心のまちづくり > 防災 > 災害に遭われたとき > 自主防災組織の防災資機材収納庫の設置基準を改正します。

ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

自主防災組織の防災資機材収納庫の設置基準を改正します。

東日本大震災を契機に、地域の身近な公園への「防災資機材収納庫」の設置希望の増加を受けて、住民相互の防災活動の強化を支援するため、次の通り、平成25年1月1日に「自主防災組織の防災資機材収納庫設置許可基準」を改正しますので、お知らせします。

現行の基準

公園面積 400平方メートル以上1,000平方メートル未満 1基まで(最大3.3平方メートル/基)
公園面積 1,000平方メートル以上 1基まで(最大6.6平方メートル/基)

改正する基準の概要

1.公園面積に関する基準の廃止

従前、400平方メートル以上としていた「防災資機材収納庫」を設ける際の公園面積に関する基準を廃止します

2.公園ごとの「防災資機材収納庫」の設置数に関する基準の緩和

従前、公園ごとに1基までとしていた、防災資機材収納庫の設置数に関する基準を緩和し、公園の建ぺい率の範囲で複数の自主防災組織が設置できるようにします

3.自主防災組織ごとの「防災資機材収納庫」の設置数及び面積に関する基準

1団体が設置できる収納庫は1基とし、最大6.6平方メートル/基とします。

4.自治会又は自主防災組織の同意について

収納庫の設置の許可を受けようとする者は、次に掲げるいずれかに該当する場合、事前に該当する自治会又は自主防災組織から同意を得るものとします。

  1. 収納庫を設置しようとする公園が他の自治会又は自主防災組織の区域内にある場合
  2. 収納庫を設置しようとする公園が他の自治会又は自主防災組織の区域に隣接する場合
  3. 収納庫を設置しようとする公園に収納庫を既に設置している自治会又は自主防災組織がある場合

改正日

平成25年1月1日

リンク

自主防災組織の防災資機材収納庫の設置に係る許可基準(PDF:139KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

都市局公園緑地部公園管理課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティーセンター9F

電話:043-245-5780

ファックス:043-245-5886

kanri.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)