ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症 > 若年性認知症支援について

更新日:2023年8月24日

ここから本文です。

若年性認知症支援について

若年性認知症とは

65歳未満で発症した認知症のことです。働き盛りの世代で発症するため、本人だけでなく家族の生活にも影響が大きくなります。

若年性認知症支援コーディネーターによる相談窓口

千葉市では、令和4年4月から「若年性認知症支援コーディネーター」を配置し、若年性認知症の方やそのご家族、また若年性認知症の方を雇用している企業などからのご相談をお受けしています。

電話 043-245-5267 (地域包括ケア推進課内)
受付時間:平日 9時~16時(祝日及び年末年始を除く)
※コーディネーターが外出等で不在のときは、恐れ入りますが折り返しご連絡します。
 

若年性認知症支援 リーフレット(PDF:2,889KB)
※実際のリーフレットはA4三つ折りのサイズです。印刷する場合は「両面印刷・短辺綴じ」設定で印刷すると見やすくなります。

<リーフレット表紙>                  <リーフレット内面>
若年性認知症リーフレット表紙       若年性認知症支援リーフレット中身 

 

関連リンク

千葉市認知症疾患医療センター
「千葉県 若年性認知症」のページ(外部サイトへリンク)
千葉市認知症ナビ
ちば認知症相談コールセンター
若年性認知症コールセンター(外部サイトへリンク)(社会福祉法人仁至会 認知症介護研究・研修大府センター)

このページの情報発信元

保健福祉局健康福祉部地域包括ケア推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所新庁舎高層棟9階

ファックス:043-245-5293

hokatsucare.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する改善提案とは?