ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

こども・若者選挙(平成27年度)

実施校

 植草学園大学附属高等学校

ワークショップの内容

 提案選定ワークショップ

市が提示した課題「加曽利貝塚及びかそりーぬのPR方法」「保育士の確保方法」「救急搬送の抑制方法」と高校生自身が検討課題として設定した「交通マナーの普及・啓発方法」の4つの課題に対し、市へ提案する施策を検討した。

提案選定1

提案選定2

 
選挙運営ワークショップ

選挙運営や投票方法について検討し、本物の投票箱を利用した紙投票とインターネットを活用した投票の併用とすることに決定した。

植草PR様子

植草ポスター

 

 

 

 

平成27年度こども・若者選挙の様子はこちら

 

選挙結果

1.投票率  83.1% 

・投票総数495(有効投票477)

・有権者数596

2.選挙結果

施策 具体例 1年生 2年生 3年生 合計
WEB WEB WEB


    選
救急搬送件数減らそう大作戦
~ちょっとまって救急車はタクシーじゃない!!~
救急出動のうち約2割は不搬送。それを減らすため、

○地域の人に回覧板やポスターで呼び掛け

○若者にはツイッターやフェイスブックを活用

○マリンフィールドの電光掲示板を活用
49 2 62 3 49 3 168
  千葉市×貝塚

かそりーぬを救え!!
加曽利貝塚とかそりーぬをPRし、加曽利貝塚に訪れる人を増やすため、

○かそりーぬのLINEスタンプを作成

○かそりーぬのグッズ販売

○SNSで加曽利貝塚とかそりーぬのアカウントを作成
60 1 70 3 28 1 163
  保育士アップ大作戦 市内の保育施設で勤務する保育士を確保するため、

○中高生が保育現場を体験できる機会を設ける

○保育士試験の回数を増加

○中高生向けに千葉市独自のプチ保育士資格を作成
42 1 25 4 19 1 92
  目指すこと!事故ゼロ!!

~歩きスマホ・両耳イヤホン~
歩きスマホや両耳イヤホンが原因の事故を減らすため、

○駅や教室にチラシを貼って注意

○メッセージ入り文房具を配布

○各学校で交通ルールの体験講習を実施
29 0 13 0 11 1 54
白票・無効票 1 1 9 1 4 2 18
合計 181 5 179 11 111 8 495

 

提案実現ワークショップ

 投開票の結果、「救急搬送減らそう大作戦」が当選した。救急搬送を減らすために、消防局が行っている取組みを周知するため、動画を作成することになった。

1 千葉市救急受診ガイド

 

2 応急手当講習

 

3 救急車適正利用

 

4 千葉市を日本一の救命都市に!

 

 

 

  作成した動画が、実際にイベントに活用されました!

  【活用されたされた実例】

   ・イベント名:スマイルFestivalちば ~千葉テレビ主催~

                 (平成28年7月17日)

   ・放映場所:消防局ブースにて

     shobougazou

 

 

 

このページの情報発信元

こども未来局こども未来部こども企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5107

ファックス:043-245-5547

kikaku.CFC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)