ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 食品 > 事業者の皆さまへ > 営業許可 > 新たに食品営業を始められる皆さんへ > 食品営業許可申請の流れ【自動車を利用して行う営業、屋台・露店での営業等】

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年7月27日

食品営業許可申請の流れ【自動車を利用して行う営業、屋台・露店での営業等】

千葉県内で自動車(キッチンカー等)や屋台、露店等を利用し、場所を移動して食品の営業を行う場合は、営業区域が「千葉県内一円」の食品営業許可が必要です。

千葉市保健所への申請が必要となるのは、千葉市内に施設を保管しているか、又は千葉市外で施設を保管していて主たる営業場所が千葉市内の場合です。

余裕をもって、申請してください。

(注:郵送による申請は受け付けていません。)

申請窓口:食品安全課食品指導班(電話 043-238-9934)

場所 :千葉市美浜区幸町1丁目3番9号 千葉市総合保健医療センター2階

受付時間:午前8時30分から午後5時00分まで(土曜日,日曜日,祝日,年末年始をのぞく)

 

 

施設基準等

営業許可を受けるためには、千葉県条例(食品衛生法施行条例第3条)で定められた施設基準を満たさなければなりません。施設基準は、各業種共通の基準と業種別の基準の両方を満たす必要があります。

 

施設基準についてご不明な場合は、平面図等を持参の上、事前にご相談ください。

 

申 請

厚生労働省の食品衛生申請等システムから申請することができます。

https://ifas.mhlw.go.jp/faspte/page/login.jsp(外部サイトへリンク)

 

必要書類 

1 食品営業許可申請書【様式第7号・1枚両面】

  (※法人の場合は法人番号の記載が必要となりますので、あらかじめご確認ください。)

  (※自動車の場合は自動車登録番号を記載してください。)

  (※備考欄に仕込み場所、施設の保管場所を記載してください。)

2 営業施設の平面図(設計図可)

3 申請手数料

  (※現金を持参してください。電子申請の場合は申請受理後に持参いただく必要があります。)

  (※納付した申請手数料は、千葉市衛生関係手数料条例第4条により還付できません。)

4 11項目の水質基準に適合した水質検査結果書

  (※井戸水など水道水以外の水を使用・併用の場合)

  (※1年以内に実施したもの) 

5 営業を行う施設(自動車、屋台等の設備)

  (※申請受理後同日検査、電子申請の場合は申請受理後に持参いただきます。)

必要書類がそろっていれば、その場で書類審査を行い、申請書を受理します。

一度受理した書類は返却できません。保健所ではコピーを取ることが出来ませんので、控えが必要な場合は、あらかじめ書類のコピーを取ってから保健所へお越しください。

施設検査(申請同日)
検査の際は、営業者が立ち会ってください。

申請書の受理が終わると、施設検査を行います(同日)。

施設基準に合致していない場合は、許可できません。

許可証交付

施設検査で施設基準に合致している場合は、食品営業許可通知書と食品営業許可証の交付案内をお渡しします。

営業許可証は、検査合格してから翌々開庁日9時00分以降に保健所食品安全課窓口にて交付します。(※郵送による交付は実施していません。)

営業開始
営業許可証と届出済の食品衛生責任者の氏名を施設の見やすい場所に掲示し、営業を開始してください。

営業開始後、営業者の方は食品衛生講習会を定期的に受講し、食品衛生の知識の習得に努めてください。

→営業開始後の手続き(更新・変更・許可証再発行等)についてはコチラ

 

ご注意ください

自動車を利用して行う営業は、自動車に作業場を設けて移動しながら営業を行うものとして許可しているものです。以下の点に十分留意して営業をお願いいたします。

(1)車内作業場で調理した食品の店頭販売が原則です。車内作業場を製造場としてあらかじめ製造した食品を包装し、別の場所に持っていって販売することはできません。

(2)昆虫等の侵入を防止した車内作業場で調理や製造を行うことが原則です。扉を開放したままや、車外で調理や製造をすることはできません。

屋台、露店等での営業は、取扱品目等に制限を付けることにより、公衆衛生上必要な営業施設の基準を緩和し、又はその一部の適用を除外して許可をしているものです。

屋外では、衛生確保が難しいため、以下の点に十分留意して営業をお願いいたします。

(1)食品営業許可証に記載されている食品1品目の単純な調理行為のみが可能です。複数の屋台、露店等での営業許可を取得していても、1人の営業者が調理販売できるのは1品目のみとなり、1人で複数の食品を調理して販売することはできません。

(2)屋台、露店等での営業は、それぞれの許可で移動して営業を行うことを前提としている許可になります。1人で屋台、露店等での営業許可を取得することは可能ですが、1人で複数の食品を同時に取り扱うことはできません。また、複数出店する営業形態の場合は、許可ごとに食品衛生責任者の設置をお願いします。

※屋台、露店等での営業で複数の食品を取り扱う場合は、取り扱う食品数に応じた施設設備と食品を取り扱う人員を確保する必要があります

 

井戸水など水道水以外の水を使用する場合

確認事項


作業場内の給水タンク等に井戸水など水道水以外の水を給水して使用する場合は、必要に応じて塩素滅菌装置を設置し、残留塩素濃度が0.1mg/L以上を確保してください。

指定の11項目の水質検査を実施し、水質基準に適合した検査結果書(1年以内に実施したもの)を申請時に持参してください。

専用水道・小規模専用水道利用の場合は、申請時窓口へお申し出ください。

 

食品衛生責任者の設置について

資格要件等


営業者は、施設又はその部門ごとに「食品衛生責任者」を設置し、施設の見やすい所に責任者の氏名を掲示してください。

食品衛生責任者になる資格を有するのは、以下に該当する方です。

 

1 栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士、食品衛生管理者、食品衛生監視員の資格を有する者

2 社団法人千葉県食品衛生協会で実施する食品衛生指導員養成講習会を修了した者

食品衛生責任者養成講習会の受講修了者

→食品衛生責任者についてはコチラ

申請書のダウンロード【自動車を利用して行う営業】

※鉛筆や摩擦で消えるペンで記載された申請書は受理できませんので、ご注意ください。

食品営業許可申請書【様式第7号】のダウンロードはコチラ

 

 

このページの情報発信元

保健福祉局医療衛生部保健所食品安全課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9934

ファックス:043-238-9936

shokuhin.PHO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)