ここから本文です。

更新日:2021年3月31日

新生児聴覚検査費用助成のご案内

新生児聴覚検査事業について

新生児聴覚検査は、先天性難聴の早期発見、早期支援につなげるため、主に出産した病院等で生後2~4日の間に新生児が受ける検査です。千葉市では、令和3年4月1日から新生児聴覚検査の費用を一部助成します。

対象者(以下全てを満たす赤ちゃん)

  • 令和3年4月1日以降に出生した生後50日以内の赤ちゃん
  • 検査を受ける当日に千葉市に住民登録がある(または登録予定の)赤ちゃん

※赤ちゃんの住民登録が千葉市にない場合、千葉市に住民登録がある妊婦が出産した生後50日以内の赤ちゃんも対象とします。

対象検査

生後50日までの間に初めて受ける保険診療外の新生児聴覚検査

助成額

3,000円(初回検査費用のみ)

※検査費用が助成額を上回った場合の差額や、2回目以降の検査費用は自己負担となります。

費用助成の受け方

千葉市母子健康手帳別冊に綴られている「新生児聴覚スクリーニング検査受診票」を産婦人科等へ提出し、検査を受けてください。検査費用のうち3,000円を除いた額を窓口でお支払いください。

(一部検査を実施していない産婦人科等もあります。)

令和3年3月31日までに母子健康手帳別冊をお受け取りになった方へ

令和3年3月31日までに母子健康手帳別冊をお受け取りになった場合、「新生児聴覚スクリーニング検査受診票」が綴られていません。千葉県内の産婦人科で出産する場合は、産婦人科備え付けの受診票をご利用ください。千葉県外の産婦人科等で出産し、検査を受ける場合は、下記「新生児聴覚検査(千葉県外の検査機関で検査を受ける場合)」をご確認ください。

新生児聴覚検査(千葉県外の検査機関で検査を受ける場合)

 

このページの情報発信元

保健福祉局健康福祉部健康支援課

千葉市美浜区幸町1丁目3番9号 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9925

ファックス:043-238-9946

shien.boshi@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)