ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

坂月川ビオトープ

坂月川上流(若葉区小倉町)と小倉市民の森の狭間に「坂月川ビオトープ」があります。

坂月川ビオトープは、自然にできる限り配慮しながら、池や水路、散策用の木道等を設置し、水辺の生き物とふれあうことができる空間となっています。
平成17年4月に発足以来、環境学習や市民の憩いの場として活用され、ビオトープの機能が地域に定着してきています。
坂月川ビオトープにおける空間放射線量率の測定結果(PDF:200KB)についてはこちらをご覧ください。(平成26年5月14日測定)


【坂月川ビオトープの自然】季節によってさまざまな顔を見せてくれます。
【田んぼの活動】田んぼを始めてから、カエルやトンボなど生き物の住む場所が増えたようです。

日々のきめ細かい維持管理は、ボランティア団体に行っていただいています。
トンボやホタル、ニホンアカガエルなどのモニタリング調査や田んぼでとれた稲の収穫祭など季節に合わせたイベントを開催しています。
活動団体:坂月川愛好会(平成16年6月30日活動協定締結)

坂月川ビオトープ地図

坂月川ビオトープは、千葉都市モノレール「小倉台駅」より北西に約1kmのところに位置しています。
坂月川とモノレールの交差したところの上流側で、車窓からもその全体を見ることができます。
【行き方】
小倉台駅を桜木町方面に降りて小倉いちょう大通りをまっすぐ進み、200m先の小倉台公園先の信号を左折、道なりに800mほど行くと川につきあたるので右折するとすぐです。
現地には駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課自然保護対策室

千葉市中央区千葉港1番1号

電話:043-245-5195

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)