ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 教育委員会事務局 > 教育委員会事務局生涯学習部文化財課 > 休憩施設の愛称募集します(加曽利貝塚縄文遺跡公園内)

更新日:2022年12月22日

ここから本文です。

休憩施設の愛称募集します
(加曽利貝塚縄文遺跡公園内)

 千葉市では、令和5年4月に加曽利貝塚縄文遺跡公園内(現博物館脇ひろば)に、新たに休憩室やトイレを含む、木造・平屋建ての休憩施設を開設する予定です。

 利用者のみなさまに親しみを持ってもらえるような施設とするため、休憩施設の愛称を募集します。

 たくさんの愛称をお待ちしております。

募集は終了しました

令和4年12月21日(水曜日)をもって、募集は終了しました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

愛称が決定しましたら、本ホームページでお知らせいたします。

 

休憩施設の愛称募集

募集要項

募集期間

令和4年12月1日(木曜日)から令和4年12月21日(水曜日)まで。

応募方法

はがきに以下の項目を記載のうえ、千葉市教育委員会文化財課へご郵送ください。

1.愛称(フリガナ)2.その愛称にした理由 3.住所 4.名前 5.年齢 6.連絡先

郵送の場合は、締切日必着。

電子申請での応募も可能です。

ちば電子申請サービス【千葉市】(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

※電子申請は12月1日(木曜日)から表示されます。

応募条件

どなたでも応募可能です。ただし、応募は一人につき1回とします。

選考の観点(参考)

加曽利貝塚にゆかりのある愛称

好感が持たれ、親しみやすく、語感の良いもの など

愛称の決定

千葉市教育委員会事務局内で選考後、令和5年2月頃(予定)に公表します。

愛称が決定次第、本ホームページでお知らせします。

休憩施設の概要(参考)

場所 

加曽利貝塚縄文遺跡公園内(現博物館脇ひろば)

構造

木造平屋建て

建築面積 266.92平方メートル (延床面積 227.40平方メートル)

目的

休憩施設がないことから降雨時に見学を中止する団体見学者等も多く、貴重な遺跡を見学する機会が失われていた。

このような課題解決のため、団体収容可能な休憩施設を新設する。

建物の特徴

・休憩室(約80人収容)

 休憩するだけでなく、団体見学者向けの講座やイベント等での体験学習にも活用。

・トイレ(多機能トイレ含む)

 これまで利用者向けのトイレは屋外のみであり、かつ多機能トイレは坂の途中に立地していたことから、誰でも利用しやすい場所に多機能トイレを設置。

授乳室

 乳幼児を連れて訪れる来訪者向けに授乳室を設置。

・ボランティア等の拠点

 見学者へのガイドなどの対応、史跡と公園の維持管理のために職員やボランティアが待機・活動する。

休憩施設 完成イメージ

休憩施設イメージ図

便益施設完成イメージ図

 

休憩室内装イメージ図

休憩施設室イメージ図

 

休憩施設平面図

便益施設内装イメージ図

 

関連資料

チラシはこちら(PDF:294KB)

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課

千葉市中央区問屋町1番35号 ポートサイドタワー11階

ファックス:043-245-5993

bunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する改善提案とは?