ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 産業廃棄物 > 特別管理産業廃棄物の処理

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年11月6日

特別管理産業廃棄物の処理

1.特別管理産業廃棄物とは

特別管理産業廃棄物とは、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性等を有するものとして特に定められたもので、通常の産業廃棄物とは別に処理基準が定められていたり、処理業の許可も区別されています。

特別管理産業廃棄物の種類

種   類

摘         要

 廃油  揮発性油類、灯油類、軽油類(引火点70℃未満のもの)
 廃酸   水素イオン濃度指数(pH)が2.0以下の酸性廃液
 廃アルカリ   水素イオン濃度指数(pH)が12.5以上のアルカリ性廃液
 感染性産業廃棄物  医療機関等から排出される血液、使用済みの注射針などの感染性病原体を含むか付着するか又はそのおそれのある産業廃棄物
 

特定有害産業廃棄物

 
 廃ポリ塩化ビフェニル等   ポリ塩化ビフェニル、ポリ塩化ビフェニルを含む廃油
 ポリ塩化ビフェニル汚染物 ・ポリ塩化ビフェニルが染み込んだ汚泥、木くず又は繊維くず

・ポリ塩化ビフェニルが塗布され、又は染み込んだ紙くず
・ポリ塩化ビフェニルが付着し、又は封入された廃プラスチック類又は金属くず
・ポリ塩化ビフェニルが付着した陶磁器くず又はがれき類

 

 ポリ塩化ビフェニル処理物 

 廃ポリ塩化ビフェニル等又はポリ塩化ビフェニル汚染物を処分するために処理したものであって、基準に適合しないもの         
 廃水銀等及びその処理物 ・特定施設において生じた廃水銀または廃水銀化合物(水銀使用製品が産業廃棄物となったものに封入された廃水銀等を除く。)

・水銀もしくは水銀化合物が含まれている物(一般廃棄物を除く。)または水銀使用製品が産業廃棄物となったものから回収した廃水銀
・廃水銀等を処分するために処理したものであって、基準に適合しないもの

 廃石綿等  ・建築物その他の工作物から除去した飛散性の吹き付け石綿・石綿含有保温材及びその除去工事から排出されるプラスチックシートなどで、石綿が付着しているおそれのあるもの

・大気汚染防止法第2条第7項に規定する特定粉じん発生施設を有する事業場の集じん機で集められた飛散性の石綿など

 その他の有害産業廃棄物  燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、鉱さい、ばいじん(鉱さい以外は特定の施設から排出されたもの)等のうち定められた基準を超えるもの

 

2.特別管理産業廃棄物処理に関する基準等について

  1. 特別管理産業廃棄物の処理基準の概要(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)
  2. 廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)
  3. 廃棄物処理法における廃石綿等の扱い(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)
  4. 石綿含有廃棄物等処理マニュアル(第2版)(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)
  5. ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物について(千葉市ホームページ)
  6. 水銀廃棄物関係(環境省ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)
  7. 水銀廃棄物の適正処理について(千葉市ホームページ)

3.特別管理産業廃棄物管理責任者の設置及び報告 

(1)特別管理産業廃棄物責任者の選任

「廃棄物処理法」により、特別管理産業廃棄物を排出する事業場を設置している事業者は、下記に定める要件を満たす者のうちから特別管理産業廃棄物管理責任者を選任し、事業場ごとに設置する義務があります。

特別管理産業廃棄物管理責任者の要件(感染性産業廃棄物)

医師、歯科医師、薬剤師、獣医師、保健師、看護師、臨床検査技師、衛生検査技師又は歯科衛生士
2年以上環境衛生指導員の職にあった者
大学、高等専門学校において医学、薬学、保健学、衛生学若しくは獣医学の過程を修めて卒業した者、又はこれと同等以上の知識を有すると認められる者

特別管理産業廃棄物管理責任者の要件(感染性産業廃棄物以外)
資格や学歴、実務経験年数により、特別管理産業廃棄物に関する管理責任者要件が定められています

(2)特別管理産業廃棄物管理責任者の役割

特別管理産業廃棄物管理責任者の果たすべき役割は、旧厚生省通知により次の事項が示されています。

  • 特別管理産業廃棄物の排出状況の把握
  • 特別管理産業廃棄物処理計画の立案
  • 適正な処理の確保(保管状況の確認、委託業者の選定や適正な委託の実施、マニフェストの交付、保管等)

(3)特別管理産業廃棄物管理責任者の設置等の報告

市内において特別管理産業廃棄物管理責任者を置き、変更し、又は廃止した場合には、「千葉市廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行細則」により、30日以内に下記様式による報告書を提出してください。また、設置及び変更の場合には、特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を有する書類を添付してください。

特別管理産業廃棄物管理責任者設置(変更・廃止)報告書 PDF(PDF:67KB)
Word(ワード:34KB)


4.帳簿の作成及び保存

「廃棄物処理法」により、特別管理産業廃棄物を排出する事業場を設置している事業者で、特別管理産業廃棄物の処理を自ら行う場合は、特別管理産業廃棄物の種類ごとに、業務区分に応じて下記の事項を記載した帳簿を事業場ごとに作成し、1年ごとに閉鎖するととともに、閉鎖後5年間保存しなければなりません。(委託による場合を除く)

また、帳簿は毎月末までに前月中における下記の事項について記載しなければなりません。

特別管理産業廃棄物を生じる事業者の帳簿の記載事項

自ら運搬
  1. 当該特別管理産業廃棄物を生じる事業者の名称及び所在地
  2. 運搬年月日
  3. 運搬方法及び運搬先ごとの運搬量
  4. 積替え又は保管を行う場合には、積替え又は保管の場所ごとの搬出量
自ら処分
  1. 当該特別管理産業廃棄物の処分を行った事業者の名称及び所在地
  2. 処分年月日
  3. 処分方法ごとの処分量
  4. 処分(埋立処分を除く)後の廃棄物の持出先ごとの持出量

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局資源循環部産業廃棄物指導課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5682

ファックス:043-245-5689

sangyohaikibutsu.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)