ホーム > 展示 > 企画展示 > 令和3年度パネル展「千葉常胤と13人の御家人たち(南関東編)」

更新日:2022年2月20日

ここから本文です。

令和3年度パネル展 「千葉常胤と13人の御家人たち(南関東編)」 

 

バナー

イラスト 尾野 

 

開催概要

 いま、鎌倉時代が脚光を浴びています。平氏政権下、千葉常胤などの多くの坂東の武士たちが存亡の危機に追い込まれます。そのため、源頼朝が平氏政権打倒の兵を挙げると、常胤や上総広常はいち早く頼朝に応じました。成立当初の鎌倉幕府は、頼朝が「鎌倉殿」として武士達から武家政権の首長に仰がれたものの、その実態は、常胤をはじめとする坂東各地の有力武士に支えられていた「御家人たちによる連合政権」であったことが、これまでの研究成果により明らかになっています。
本パネル展は、日本史上初となる本格的な武家政権の成立と発展に貢献した、千葉常胤と13人の有力御家人の中から「南関東編」として7人の武士を紹介します。

開催期間

令和4年1月26日(水曜日)~3月6日(日曜日)

会場

郷土博物館1階展示室

紹介する御家人

下総国 千葉常胤、葛西清重、下河辺行平
上総国 上総広常 
相模国 和田義盛、梶原景時
伊豆国 北条時政 

展示資料

展示パネルに掲載した資料の一部をご紹介します。
(画像の資料を展示するわけではございません。) 

君待橋 

 清重 

行平 

広常

山谷栄一「君待橋」
当館蔵

葛西清重夫妻肖像画
関博物館蔵

下河辺行平(『前賢故実』より)
画像提供:国立国会図書館

上総広常木像(非公開)
個人蔵

 わだ

 景時

 時政

 

紙本著色金地和田合戦図
都城市立美術館蔵

梶原景時像
 (「続英雄百人一首」より)
当館蔵

北条時政邸跡

 

ブックレット

 現在当館で販売中です(1冊100円)。詳細はこちらをご覧ください。 

 

 

 

ページの先頭へ戻る

企画展のページへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?