ホーム > 子育て・教育 > 子育て・家庭 > 妊娠~出産 > 不妊専門相談センター

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

不妊専門相談センター

不妊及び不育症に関する相談やこころの悩みについて応じるほか、情報の提供を個別に実施します。
お気軽にご相談ください。

医師・助産師による面接相談

対象 不妊・不育症でお悩みの方
※千葉市在住、在勤、在学の方に限ります
日程

医師・助産師相談

日中(水曜日):14時15分~16時30分
2020年4月22日、5月13日、6月10日、7月8日、8月5日、9月9日、10月14日、11月11日、12月9日
2021年1月13日、2月10日、3月17日

夜間(金曜日):17時45分~20時00分

2020年6月26日、10月30日

2021年2月26日

会場 千葉市保健所(美浜区幸町1-3-9)
料金 無料
申込 電話による予約制
問合せ申込

健康支援課母子保健班

電話043-238-9925

千葉市外にお住いの方は、千葉県内の健康福祉センター(4か所)(外部サイトへリンク)に、お問い合わせください。

 

保健師による電話相談

不妊・不育症に関するご相談に応じます。

月~金曜日8時30分~17時00分(祝日、年末年始を除く随時)

電話043-238-9925(健康支援課母子保健班)

相談者の声

  • 安心して話ができた。
  • 親身に相談にのっていただき、今後どうしていったらよいか、とても気持ちが楽になった。
  • 病院へ行く前に相談したことで、不妊や検査、不育症についてよくわかりました。
  • 日常生活面でも、取り組めることがあるということがわかって参考になった。
  • 病院では聞けなかったことが聞けて良かった。
  • (面接相談アンケートの感想より)

    仕事と不妊治療の両立について

    厚生労働省が行った調査によると、仕事と不妊治療との両立ができず、16%の方が離職しています。仕事と不妊治療の両立について職場での理解を深め、働きやすい環境を整えることは重要です(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

    企業側に、不妊治療中であることを伝えたり、企業独自の仕事と不妊治療を両立支援するための制度を利用する際に使用することを目的とした「不妊治療連絡カード」(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)があります。企業や職場と仕事と不妊治療の両立を行う従業員の方をつなぐツールとしてご活用ください。

    関連情報

    不妊に悩む方のセルフ・サポートグループ

    Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

    このページの情報発信元

    保健福祉局健康福祉部健康支援課

    千葉市美浜区幸町1丁目3番9号 千葉市総合保健医療センター2階

    電話:043-238-9930

    ファックス:043-238-9946

    shien.HWH@city.chiba.lg.jp

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?

    このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)