• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年6月14日

千葉市歩行空間のベンチ設置計画

千葉市では、誰もが自由に行動し、快適に楽しめるまちの実現を目指すユニバーサルデザインの考え方のもと、あらゆる人の利用を念頭に置いた安全・安心で快適な道路環境づくりを目指しています。

現在は、歩道上のバリア(障害)を取り除く、安全・安心に重点を置いたバリアフリー整備を優先して行っていますが、今後は、道路を利用する人の快適性、利便性の向上や超高齢社会への対応の一つとして、「憩い、集い、語らい」の場の提供のため、ベンチの設置に取り組んでいきます。

そこで、この取り組みを推進するため、設置の基準や目標を定めた「千葉市歩行空間のベンチ設置計画」を策定し、道路管理者によるベンチ設置のほか、ベンチの寄贈や広告付きベンチなどにより、民間の活力を活かすことでベンチの普及を促し、道路利用者に快適な空間を提供するとともに、高齢者や障碍者にも優しいまちづくりの形成を目指します。

ベンチ設置対象箇所

①駅前広場

ベンチは、市内のJR・京成・モノレール全ての駅前広場のバス停留所を対象とし、バス停留所1箇所毎にベンチを1基設置します。設置にあたっては、利便性の向上を目的としていることから、歩行者動線の確保等を考慮し、バス事業者などの関係機関と調整のうえ設置を行います。なお、調整の結果、歩行者動線の阻害等により、利便性の低下につながると判断された箇所は設置を行わないものとします。

※駅前広場以外のバス停留所へのベンチの設置は本計画の対象外とします。

②生活関連経路

移動等円滑化促進地区内の生活関連経路のうち、歩道幅員の基準等を満たす路線において、住宅地や他の公共施設を考慮のうえ、原則200m間隔で設置を行います。なお、設置にあたっては、周辺住民や自治会等との調整を実施し位置等を決定します。

※移動等円滑化促進地区及び生活関連経路については、「千葉市バリアフリーマスタープラン」により、ご確認ください。

 ③その他の道路

「①駅前広場」や「②生活関連経路」に該当しない箇所については、広告付きベンチの寄贈や企業等からの寄贈などにより、ベンチの普及を目指します。ベンチの設置位置は、地元などの設置者が必要とする場所への設置を原則としますが、歩道の有効幅員等の基準があるため、基準の範囲内での許可・承認を行います。

 

箇所

整備主体

整備内容

整備副主体

民間活力

(広告の掲載)

駅前広場

道路管理者

バス停留所1箇所毎に1基設置

企業

町内自治会

生活関連経路

道路管理者

概ね200m毎に1基設置

(交差点は道路管理者が設置)

企業

町内自治会

駅前広場以外のバス停留所

バス事業者

(都市部)

企業

町内自治会

バリアフリー経路以外

企業

町内自治会

 

※駅前広場以外のバス停留所へのベンチ設置については、バス利用者の利便性向上施設であり、バス事業者等が実施することとなるため、本計画の対象外とします。

民間活力の導入

 ベンチの寄贈

「千葉市歩行空間のベンチ設置計画」の主旨にご賛同いただき、社会貢献の一環でベンチを寄贈していただける企業様を募集しています。なお、寄贈いただくベンチには、社会貢献へのPRやメッセージを刻んだネームプレートを設置できます。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

建設局土木部土木保全課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所6階

電話:043-245-5386

ファックス:043-245-5579

dobokuhozen.COP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)