ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > その他障害者福祉 > ストラップ型ヘルプマークを配布しています

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年11月18日

ストラップ型ヘルプマークを配布しています

「ストラップ型ヘルプマーク」について、各区保健福祉センターなどにおいて配布しています。

1 趣旨

障害等により、支援や配慮を必要としていることが外見から分からない方などが、周囲の人に支援等を必要としていることを知らせるための「ストラップ型ヘルプマーク」及び「普及・啓発用チラシ」につきまして、本市の障害福祉窓口である各区保健福祉センターなど、下記配布場所において配布しています。

2 配布について

(1)配布物

 ・ストラップ型ヘルプマーク(※詳細は別紙1参照(PDF:56KB)) 
 ・ストラップ型ヘルプマークの使い方などを記載したチラシ(※詳細は別紙2参照(PDF:316KB)

 helpmark 

(2)配布場所(※詳細は別紙参照(PDF:200KB)

  • 各区保健福祉センター高齢障害支援課
  • 各区保健福祉センター健康課
  • 障害者自立支援課
  • 障害者相談センター
  • 千葉市療育センターふれあいの家
  • 千葉市障害者福祉センター
  • 千葉市立青葉病院
  • 千葉市立海浜病院
  • 千葉都市モノレール有人駅(千葉駅・都賀駅・千葉みなと駅・千城台駅)

(3)配布方法

 心身に障害のある方、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方などで希望する方であって、

希望される方(代理人含む)の申出により、上記配布場所の窓口でお渡しいたします(1人につき1個まで)。 

 配布の際、手帳等の提示は不要ですが、簡単なアンケートにお答えいただきます。

3 ストラップ型ヘルプマークの使い方の例

ストラップ型になっているので、カバン等に取り付けて使用します。

マーク本体の裏面に貼付できるシールを同封しており、シールには、氏名や連絡先、手助けして欲しいこと等が記入できます。

より詳細に多くの情報を記載できるヘルプカードと併用し、ストラップ型ヘルプマークはカバンの外に、ヘルプマークはカバンの中に入れて持ち歩く等で、

効果的にお使いいただけます。

マスクを着けられない方がいます(理由があります)

発達障害をはじめ、触覚・嗅覚等の感覚過敏を持つ方の中には、外出先でのマスク着用ができない方もいます。

マスク着用ができない方もヘルプマークを利用されています。

ヘルプマークを見掛けたら思いやりのある行動をお願いします。

4 関連リンク

障害者に関するマーク

ヘルプマーク(東京都)(外部サイトへリンク)

ヘルプマーク(千葉県)(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局高齢障害部障害者自立支援課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター1階

電話:043-245-5175

ファックス:043-245-5549

shogaijiritsu.HWS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)