• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年6月15日

トコジラミ(ナンキンムシ)

名前はシラミですが、分類学的にはカメムシの仲間になります。近年、日本国内での発見・被害件数が増加おり、その原因として、海外からの旅行者の荷物にまぎれての持ち込みや、ホテルなどからの自宅への持ち込みなどが問題になっています。トコジラミ

形態

成虫の体長は5~8mm、体は円板状、背腹に扁平で茶褐色です。卵は長円形で乳白色、長径は1.2mm前後です。卵から成虫までの期間は約40日間。成虫の寿命は長く、20℃程度では9~18か月生存します。雌は1日当たり5~6個の卵を毎日産み続け、一生の間の産卵数は500程度になります。

餌になるもの

トコジラミの栄養源は血液のみですので、雄雌成虫、幼虫共に吸血しなければ生きていくことはできませんが、特に成虫は飢餓に強く、吸血ができない状態でも長期間生存することができます。

被害

就寝中などに体に取りつき吸血します。初めて刺された人はかゆくはなりませんが、何回か刺されるうちに体内に抗体が形成され、かゆくなります。病気を媒介する報告はありませんが、刺された人は、不眠症、神経障害、発熱などの症状になることもあります。

対策

一般家庭でよく用いられる燻煙剤や加熱蒸散剤は、隙間の内部まで有効成分到達しないため、駆除は困難です。トコジラミの駆除は専門の業者に依頼することが望ましいです。

住居衛生相談事業のページへ戻る

このページの情報発信元

保健福祉局医療衛生部保健所環境衛生課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9940

ファックス:043-238-9945

kankyo.PHO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)