千葉市動物公園 > イベント情報 > アカデミア・アニマリウム > 東邦大学オープンセミナー2023「生き物の暮らしや形の不思議」(全5回)

ここから本文です。

東邦大学オープンセミナー2023「生き物の暮らしや形の不思議」(全5回)

更新日:2023年8月17日

アカデミアロゴ

動物園の社会的役割として、「種の保存」「調査研究」「教育普及」「レクリエーション」があります。千葉市動物公園では、さまざまな学校、研究・学術団体、企業との連携も含め、包括的な調査研究、教育普及活動を「アカデミア・アニマリウム」と称し、活動を推進しています。

東邦大学 オープンセミナー 「生き物の暮らしや形の不思議」(全5回)

東邦ポスター大2

 

東邦大学理学部生物学科の先生による、生き物のおもしろさを深~く知ることができる講演会です。

※全講演のPDFはコチラ

<全5回>
第1回「ヘビの多様な捕食行動」(2023年9月2日)
第2回「DNAが明かす霊長類の恋愛事情」(2023年10月8日) 
第3回「植物と共にくらす菌類」(2023年11月11日)
第4回「両生類から読み解くホルモンとフェロモンの話」(2023年12月2日)
第5回「マイマイカブリの進化」(2024年1月7日)

過去情報

2022年度の東邦大学オープンセミナー

 

講演内容

 第1回 「ヘビの多様な捕食行動」

(講師:東邦大学理学部 講師 児島庸介 先生)

  • 日時

 2023年9月2日(土)13:30~14:00

 ※受付開始は13:20です

  • 場所

 動物科学館1F レクチャールーム

  • 内容

 動物の行動は驚くほど多様です。本講演では、さまざまなヘビの捕食行動を紹介し、動物の行動の多様性について考えてみたいと思います。

 

東邦告知ポスター1

 

 第2回  「DNAが明かす霊長類の恋愛事情」

 (講師:東邦大学理学部 准教授 井上英治 先生)

  • 日時
    2023年10月8日(日) 13:30〜14:00
    ※受付開始は13:20からです
  • 場所
    動物科学館1Fレクチャールーム
  • 内容

   群れに複数のオスがいるニホンザルやチンパンジーでは、どのオスが父親か行動観察をしているだけではわかりません。本セミナーでは、DNA解析により明らかとなった意外な真実について紹介します。

東邦告知ポスター2

 

 第3回  「植物と共にくらす菌類」

 (講師:東邦大学理学部 准教授 下野綾子 先生)

  • 日時
    2023年11月11日(土) 13:30〜14:00
    ※受付開始は13:20からです
  • 場所
    動物科学館1Fレクチャールーム
  • 内容

 陸上植物の8割以上は、菌根菌とよばれる菌類と一緒に暮らしています。菌根菌との共生の起源は、植物が陸上に侵出した4.5億年前とされていて、最も一般的な共生関係の1つです。菌根菌がいないと発芽できない植物も知られています。植物と菌類の密接な関係を紹介します。

東邦告知ポスター3

 

 第4回「両生類から読み解くホルモンとフェロモンの話」

 (講師:東邦大学理学部 准教授 蓮沼至 先生)

  • 日時
    2023年12月2日(土) 13:30〜14:00
    ※受付開始は13:20からです
  • 場所
    動物科学館1Fレクチャールーム
  • 内容

 ホルモンとフェロモン、これらは似て非なる生理活性物質と呼ばれるものです。本セミナーではイモリの生殖活動に着目して、ホルモンとフェロモンとはどんなものか、わかりやすく解説したいと思います。

東邦告知ポスター4

 

 第5回  「マイマイカブリの進化」

 (講師:東邦大学理学部 准教授 小沼順二 先生)

  • 日時
    2024年1月7日(日) 13:30〜14:00
    ※受付開始は13:20からです
  • 場所
    動物科学館1Fレクチャールーム
  • 内容

 マイマイカブリという昆虫を紹介します。マイマイカブリの体のかたち、大きさ、色が、どのように進化してきたのかを説明します。

東邦告知ポスター5

 

 

<ご協力>
東邦大学理学部生物学科
 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ