千葉市動物公園 > イベント情報 > アカデミア・アニマリウム Kid’sバージョン 子ども動物園のお話し(全5回)

動物公園のみどころ

動物公園の開園時間・料金

ここから本文です。

アカデミア・アニマリウム Kid’sバージョン 子ども動物園のお話し(全5回)

更新日:2022年11月29日

アカデミアロゴ

動物園の社会的役割として、「種の保存」「調査研究」「教育普及」「レクリエーション」があります。千葉市動物公園では、さまざまな学校、研究・学術団体、企業との連携も含め、包括的な調査研究、教育普及活動を「アカデミア・アニマリウム」と称し、活動を推進しています。

Kid'sバージョン 子ども動物園のお話(全5回)

全五回分

子ども動物園の飼育員が、動物の体のヒミツや暮らし方などをご紹介します。お子様はもちろん、大人の方もお気軽にご参加ください!

※全回のPDFはコチラ

第1回「飼育員のお仕事紹介&どうしたらなれるの?」

  • 日時

 10月30日(日)13:30〜14:10

 ※受付開始は13:20からです

  • 場所 

 動物科学館1Fレクチャールーム

  • 定員

 130人

  • 内容

動物園には、どんな役割があるの?飼育員はどんなことをしているの?どうしたら飼育員になれるの?普段は聞けない・見られない作業や、飼育員の思いを紹介します。

 

ギルドアカデミア第一回

 

第2回 「大きなネズミと小さなネズミ」

  • 日時

 11月13日(日)13:30〜14:00

 ※受付開始は13:20からです

  • 場所

 動物科学館1階レクチャールーム

  • 定員

 130人

  • 内容

カピバラ・チンチラ・オグロプレーリードッグなど、体の大きさが異なるネズミの仲間にチューもく!体の形や生活をくらべてみると、意外な発見があるかもしれない!?

 

アカデミア1113

 

第3回「生き物を守るためにできること」

  • 日時

 11月26日(土) 13:30〜14:00
 ※受付開始は13:20からです

  • 場所

 動物科学館1階レクチャールーム

  • 定員

 130人

  • 内容

千葉県のレッドデータブックで、最重要保護生物に指定されているトウキョウサンショウウオ。小さな生き物が、この先の未来も生きていくために、私たちができることは何?

 

アカデミア1126

 

第4回「シバヤギの体のヒミツ」

  • 日時

 12月4日(日) 13:30〜14:00
 ※受付開始は13:20からです

  • 場所

 動物科学館1階レクチャールーム

  • 定員

 130人

  • 内容

シバヤギの目はどうして黒目が横長なの?どうしてご飯を食べていない時でも、口をモグモグ動かしているの?どうしてウンチが丸いの?何で??の謎を解いてみよう!

 

4回目

 

第5回「実験室の小動物たち」

  • 日時

 12月10日(土) 13:30〜14:30
 ※受付開始は13:20からです

  • 場所

 動物科学館1階レクチャールーム

  • 定員

 130人

  • 内容

テンジクネズミ・ハツカネズミ・アカハライモリにチューもく!ヒトの安心・安全な生活を支えてくれている、小さな動物の大きな力。知ってほしい、動物福祉のこと。

 

第5回ギルドアカデミア最終版

 

<その他のアカデミア・アニマリウム>

コチラ

<ご協力>

千葉大学 文学部
https://www.l.chiba-u.jp/
千葉市埋蔵文化財調査センター
https://www.city.chiba.jp/kyoiku/shogaigakushu/bunkazai/maizoubunkazai/maibuntop.html

 

2022年8月のアカデミア・アニマリウム
2022年7月のアカデミア・アニマリウム 
2022年6月のアカデミア・アニマリウム
2022年5月のアカデミア・アニマリウム 
2022年4月のアカデミア・アニマリウム
2022年3月のアカデミア・アニマリウム
ちばZOOフェスタ・2021~アカデミア・アニマリウム~

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)

ページトップへ