ここから本文です。

更新日:2017年5月8日

千葉市の公園緑地のあゆみ

千葉市を代表する公園を主に、大正10年の市政施行からの公園緑地のあゆみを紹介します。

大正10年 千葉市が市政として施行される
昭和8年 千葉公園の前身である「荒木山公園」が完成
昭和26年 検見川で市の花で「オオガハス」の実が発見される
昭和34年 市内最初の総合公園の「千葉公園」が完成
昭和30年代 この頃からの高度経済成長より、公園整備が急増。
昭和40年 中心市街地のメインである「中央公園」が完成
昭和44年 日本のさくら名所100選の地」の「泉自然公園」が1次オープン
昭和45年 本庁舎が現在の場所への移転に伴い、隣りの「港公園」が完成
昭和50年 日本の都市公園100選」の「昭和の森」が1次オープン
昭和51年 日本初の人工海浜「いなげの浜」がオープン
昭和52年 海洋スポーツのメッカ「稲毛海浜公園」が開設(海浜公園プール完成)
昭和56年 日本の白砂青松百選」の「磯の松原」が市民の手で植えられる
昭和59年 緑と水辺の都市宣言」を発表
昭和60年 レッサーパンダ「風太くん」で知られる「動物公園」が1次オープン
平成2年 千葉マリンスタジアム」が完成し、翌年の平成3年に千葉ロッテマリナーズが移籍
平成4年 千葉市が政令指定都市に移行
平成5年 「市の木、花、鳥、四季の花」の制定
平成7年 第12回全国都市緑化ちばフェアが開催
平成8年 花の美術館(外部サイトへリンク)」がオープン
平成9年 「千葉市緑と水辺の基本計画」を策定
平成10年 花島公園」が1次オープン
平成14年 ワールドカップ日本・韓国大会のアイルランド代表チームが稲毛海浜公園内でキャンプ
平成15年 千葉市が「ジェフユナイテッド」のホームタウンになる
花の都・ちばキャラクター「ちはなちゃん」が誕生
平成17年 フクダ電子アリーナ」がオープン
蘇我スポーツ公園」が1次オープン
平成19年 子どもたちの森公園」がオープン
平成21年 石橋記念公園」がオープン
平成22年 都川水の里公園」が1次オープン
平成24年 千葉市緑と水辺のまちづくりプラン」策定
平成26年

千葉市動物公園リスタート構想」策定

昭和の森フォレストビレッジ(外部サイトへリンク)」がオープン

平成28年

海辺のグランドデザイン」策定

稲毛海浜公園内に「ザ・サーフ オーシャンテラス(外部サイトへリンク)」がオープン

動物公園にライオン舎と「ふれあい動物の里(外部サイトへリンク)」がオープン

このページの情報発信元

都市局公園緑地部緑政課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター9階

電話:043-245-5774

ファックス:043-245-5885

ryokusei.URP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)