• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年6月16日

食品ロスの削減

食品ロスについて知ろう

「食品ロス」とは

「まだ食べられるのに捨てられている食品」を「食品ロス」と言います。日本では年間約612万トンもの食品ロスが発生しています。(農林水産省(外部サイトへリンク) 日本の食品ロスの状況(平成29年度)より)
これは、1人あたりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分と同じ重さの食品を捨てていることになります。

千葉市の食品ロスの現状

ごみ組成測定分析調査(2019年度)の結果、家庭から出る可燃ごみの約32.3%が生ごみでした。また、可燃ごみのうち1.4%が手つかずのまま捨てられている食品でした。
千葉市の家庭から出る可燃ごみの量は、年間約16万トン。ここから推計すると、千葉市の生ごみの量は5万トン以上、そのうち2千トン以上の食べ物が、全く手をつけられていない状態で捨てられている計算になります。

2,000トンってどれくらい?

食品ロスを減らすには?

家庭でできること

  1. 買い物前に冷蔵庫の中身を確認しましょう
    「消費期限」の近い食材を優先的に使って料理するのもポイントです。
  2. 食材は無駄なく使いましょう
    食材の皮は薄くむくように心がけましょう。食べられる皮もありますので、皮も料理に使ってみましょう。
  3. 食べきれる量の料理を作りましょう
    買った材料を全て使うのではなく、必要な量だけ調理するようにしましょう。
  4. 好き嫌いせず残さず食べましょう
    せっかく作った料理、残さず食べましょう。
  5. それでも残った料理は、適切に保管して早めに食べましょう
    残った料理でも適切に保管すれば、あとで食べることができます。残ったからといって、捨てないようにしましょう。
    別の料理にリメイクしてもよいですね。

食品ロスを減らす!美人冷蔵庫のススメ

「#この食材どう使おう」でおいしくたのしく食品ロスを減らしましょう!

フードバンクを活用しよう

どうしてもご家庭で消費できない食品は、食べられるうちに、フードバンクへ寄付しましょう。

フードバンクとは、食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品や食材を家庭や企業から引き取り、必要としている方々へ無償で提供する団体・活動のことです。千葉市では、フードバンクちば(外部サイトへリンク)が活動しています。

フードバンクちば(外部サイトへリンク)では、年3回フードドライブ(食品の回収)を行っているほか、常時、食品の寄付を募集しています。また、県内生協との連携(外部サイトへリンク)も行っています。
詳しくはフードバンクちば(外部サイトへリンク)ホームページをご覧ください。

リーフレット

2019生ごみパンフ H30食ロスリーフ 表紙 生ごみダイエット
生ごみ減量パンフレット(2019年度作成)
おもて面(PDF:3,164KB) 中面(PDF:2,818KB)
食品ロス削減リーフレット(2018年度作成)(PDF:1,301KB) 生ごみ減量ガイドブック(2014年度作成)(PDF:2,823KB)

外食でできること

  1. 料理に食べられない食材が入っていないか確認しましょう
    料理が出てきてから後悔しないよう、勇気を出してお店の人に聞いてみましょう!
    また、入っていても、除去して作ってもらえることもあります。まずは確認してみましょう。
  2. 小盛りやハーフサイズメニューなどを積極的に活用しましょう
    食べきれる自信のない人は、量を減らしたメニューを活用するようにしましょう。
  3. 食べきってから次の料理を注文しましょう
    注文しすぎてしまったことはありませんか?少しずつ注文すれば、後で困ることはありません。
  4. 残った料理は持ち帰ることができるかお店の人に確認しましょう
    残った料理を持ち帰ることができる場合があります。持ち帰ってもよいか、必ずお店の人に確認しましょう。もちろん自己責任ですので、持ち帰った料理は早めに食べましょう。

宴会4箇条

宴会時は、宴会4箇条を心がけ、エコな宴会を目指しましょう。

【予約編】
一、参加者の年齢層や男女比、好みなどをお店の人に伝えましょう!
【当日編】
一、宴席では、開始後30分、終了前10分など、席を立たずにしっかり食べる時間を作りましょう! おいしい料理を堪能しましょう!
一、大皿にちょっとずつ残った料理は、食べられる人に勧めましょう!
一、幹事さんや司会の方が、宴会中に『食べ残しや飲み残しのないように!』と声掛けしましょう!

3010(さんまるいちまる)運動

3010(さんまるいちまる)運動とは、宴会開始後30分間と終了前10分間、席について料理を楽しむ時間を設け、呼びかけることで食品ロスを減らす取組です。

環境省ホームページでは、啓発用卓上三角柱のデータが配布されています。
環境省ホームページ 3010運動普及啓発用三角柱POPデータ(外部サイトへリンク)

千葉市の取り組み

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5379

ファックス:043-245-5624

haikibutsutaisaku.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)