ホーム > 市政全般 > 計画・行革・財政・統計等 > 施策・計画 > 国家戦略特区 > マイナンバーカード取得・更新手続時の対面要件等の緩和

ここから本文です。

更新日:2020年9月14日

マイナンバーカード取得・更新手続時の対面要件等の緩和
2020年9月10日提案(東京圏(第31回)国家戦略特別区域会議)

提案のポイント

  • 15歳未満の者がマイナンバーカードを受取る際は、原則本人及び法定代理人の出頭が必要であり、やむを得ない理由(※)により本人が出頭できない場合は顔写真付き身分証明書の提示が必要となっている。
  • 15歳未満の者は顔写真付き身分証明書を保有していない事が多く、やむを得ない理由により本人が取得できない場合、マイナンバーカードを受取る事ができない。

※病気、身体の障害やその他やむを得ない事由。当面の緊急措置として新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて外出自粛を行っている場合も該当する。

提案の内容

顔写真付き身分証明書を代替する資料の提示により、15歳未満の者は法定代理人のみの出頭でマイナンバーカードを受取可能とする。

その他行政手続きにおける規制改革提案事項

  • マイナンバーカード及び電子証明書の更新手続のオンライン化
  • 転居届等の住民異動届のオンライン化
  • 押印義務の見直し

  • マイナンバーカード取得率向上による行政手続のオンライン化の推進
  • 乳幼児健診、GIGAスクールなど、保健医療・教育分野への活用促進

mynumber

このページの情報発信元

総合政策局未来都市戦略部国家戦略特区推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所5階

電話:043-245-5346

ファックス:043-245-5551

tokku.POF@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)